2017/03/08

夏涼しく冬暖かい家 その2 ー夏涼しい家ー

こんにちは間取りづくり、家づくりボランティアの間取作造です。

夏涼しく冬暖かい家」その2は夏涼しい家です。
「冬暖かく」は日照を確保する事が大事です。
「夏涼しく」は逆に日照を遮ることが重要です。当たり前ですね。

「冬暖かく」で使った例題の建物で検討してみましょう。
日照2外観 
上のような正方形で東西南北の各面に掃き出し窓のある家で考えてみます。
ここでは750mmの軒が出ていることがポイントです。

s6
東京の夏至の日の出は4時31分です。
上の図は6時の日照です。
6時の時点ですでに東の窓から部屋の奥まで入ってきます。
暑そうですね。

s8
8時の日照です。

s10
10時に軒が機能して部屋の中への日差しは少なくなります。

s12
12時の日照です。
部屋の中には日差しが入っていないのがわかります。
軒が機能して日照を遮ることが出来ています。

s16
17時の日差しです。
17時には太陽高度が低いので軒が有ってもその効果がありません。

s18
18時の日差しです。
東側だけでなく北側の窓からも日差しがあります。
「西日」を嫌う意味が良くわかりますね。

「夏涼しく」の要件は
南の窓には軒を付けて日差しを遮る事が有効。
東西の窓には軒を付けても効果がない。
北の窓からも日照があり注意が必要。
2017/03/06

夏涼しく冬暖かい家 その1 ー冬暖かい家ー

こんにちは間取りづくり、家づくりボランティアの間取作造です。

間取り作りのリクエストに「夏涼しく冬暖かい家」というのがあります。
冷暖房設備や断熱技術が進んでも建物の基本性能でそれが確保できていることが理想です。
日照、風通しといった自然環境を有効利用することが必要です。

まずは今の時期(3月3日)に体感できる「冬暖かい家」から考えましょう。

我が家は晴れた日であれば日中の暖房は要りません。
太平洋側なので冬の間は晴れの日が多いので助かります。

このように日当たりによって暖を採ることをダイレクトゲイン(直接蓄熱)と言います。
南側に窓が有ると温かい、当たり前ですね。
東や西や北の窓だとどうなるのか
どの位の差があるのか目で見て分かるようにできないか考えてみました。

日照2外観 
上のような正方形で東西南北の各面に掃き出し窓のある家で考えてみます。
敷地は東京で設定しています。
w82
冬至の朝、日の出は6時55分です。
8時ようやく東の窓と南の窓から日が差してきます。
w102
10時になると南側の窓から部屋の奥まで届く日照が得られます。
東側の窓からの光は少なくなります。
w122
12時になると南側の窓からだけの日照になります。
w142
14時になると西側の窓からも日照が得られます。
w162
16時にも西側と南側からの日照がありますが
16時31分に日の入りなので弱々しい日照です。

「冬暖かく過ごすためには南側の窓が重要」何となく分かっていたと思いますが
よりはっきりお分かり頂けましたか?


2017/03/04

子供が喜んで片づける収納 その3

こん にちは間取りづくり、家づくりボランティアの間取作造です。

子供が喜んで片づける収納 その1」ではスキップフロアーで
4畳のキッズスペースを作ってその床下に玩具庫を作りました。
大分大げさな形です。

一般的な規模の住宅ではこのような形が出来ると思います。

階段2

折り返し階段の踊り場の下を玩具庫にして子供用のドアを付けます。
階段の4~6段目の下にキャスター付きの大型の引き出しを作り玩具入れにします。
キャスター付きですから部屋のどこにでも移動できるので
散らかしたところまで引きずって行って
おもちゃを放り込んで元に戻して片付け完了。

ちょっと楽しくお片付けできるかな?と思います。


2017/03/02

子供が喜んで片づける収納 その2

こんにちは間取りづくり、家づくりボランティアの間取作造です。

子供が喜んで片づける収納 その2」です。
子供が片付けが出来るようになるかどうかは躾けの問題だと思っています。

ハウスメーカーが提案する「散らからない家」で提案される
キッズコーナーも子供用収納もこれが出来ていないと意味がありません。

躾けに関してはその必要性を感じてはいますが語れる立場にはおりません。

最近たまたま目にした資料に参考になる記事がありましたので
引用させていただきます。

(以下引用)

  サラリーマンで年収1000万円を目指せ ━ 第2675号 ━

☆ ハウスルールを明確にする

子育てでもなく、躾でもなく、「家庭の管理」と書いたのは、これこそが真っ先
に整えなければいけないポイントだからです。

ここがグラついていたら、子育ても躾も当然グラグラしますから。

そんな家庭の管理で真っ先にやらなきゃならないのは、ハウスルールを設定し、
明確にするということだと思います。ハウスルールとは何かというと、カジノや麻雀でい
う、「その場所だけで通用する独自のルール」のことです。別名ローカルルールともいい
ます。

これを同じモノを自分の家でも設定し、宣言し、守らせなきゃならないんです。
教育とか躾ってこの土台の上に乗っているパーツのことですから。

これを決めないから、
  ■ でも○○ちゃんの家はこうなってるよ

みたいなことを子供が言い出すんですよ。ウチはウチ、ヨソはヨソってその場で
いくら言っても、ハウスルールという土台がしっかりしていなければ、子供は納得しづら
いですから。

我が家では甥っ子に対して、
  ▼ 朝は全員が全員に挨拶をする
  ▼ 食事の片付けをやる
  ▼ お小遣いは毎月の小テストの結果で決まる
  ▼ 毎週1回トイレの掃除をする
  ▼ これらの進捗状況や講評を毎週水曜日に報告会でやる

これを課してます。ちなみに、こういうことを宣言出来るのは家長だけですよ。
というか、こういうことを宣言しない家長は、子供になめられるんです。親父さんの存在感
が薄い家庭って、子供が小さい頃にこれを
  ■ そんなの面倒くさい
って言ってやらなかったところが多いんだと思います。今からでも良いですか
ら、こういう宣言をした方が良いですよ。ウチは中3で甥っ子が来たわけですが、その時か
らこの手の宣言をやって納得させましたから。

非常に大事なポイントですが、こういうハウスルールを理解し、遵守させると、
他の事をやらせるのがラクになるんです。だってこのハウスルールこそが土台なんですか
ら、土台の存在を認めて受け入れてしまったら、土台の上に乗っている他のパーツ(洗濯
物はここに入れろとか、トイレットペーパーは補充しろとか)を拒否出来ないわけですよ。

反対に、この土台を明確にしていない状態で、あれしろ、これしろって言って
も、ひとつひとつに拒否権を発動されちゃったら論破してやらせるのに苦労するんです。と
いうか、やってもイヤイヤテキトーに誤魔化すだけになるんです。

(引用終わり)

長い引用ですが一部省略した部分もあり正しい情報をご希望の方は
下記のサイトからご確認ください。
http://www.mag2.com/m/0000258149.html
こうした躾けが出来ていて初めて「子供が喜んで片づける収納」が効果を発揮できると思います。


2017/03/01

子供が喜んで片づける収納 その1

こんにちは間取りづくり、家づくりボランティアの間取作造です。

沢山の間取りづくりを経験する中で
間取りに関しての希望事項にもたくさん出会いました。
「夏涼しく冬暖かく」とか「家事が楽な家」とか「明るい家」とか
それぞれのご家族の思いを感じます。
困ったのは「散らからない家」というリクエストです。
「子供さんがおもちゃなど散らかして片付かない」のを何とかしたい
という事のようです。

子供は散らかすのが当たり前です。
片づけることをしつけるのが親の仕事だと考えました。

子供が喜んで片づける収納」というテーマで考え直すと
いくつかの解決策がありそうです。

下の内観パースは天井高さ90cmほどの子供用の玩具庫
設けた例です。

玩具庫

おもちゃを片付けるのは「お子様の仕事」と決めて
「おもちゃ置き場は天井が低くてお母さんは入れないからお願いね」
と責任を持たせて躾けることができれば
子供の自立心を育てながら片付いた家に出来ると考えました。

我ながら甘い考えかも知れません。
片づけることを身に着けていない者が考えたことなので
なんとも自信がありません。

そんな中子供のしつけに関して学ぶことがありました。
以下「子供が喜んで片づける収納 その2」に続く