2012/05/05

後悔しない家

間取りの作成の依頼があると
調査票を書いていただきます
その中に
「もし〇〇の家」という名前をつけるなら
というちょっと気障な質問があります
素敵な回答があります

家族が集う暖かい家
自然が似合うナチュラルな家
アンティーク家具が似合う家
経年美化の家

それぞれに望んでいる何かが伝わってきて
「お役に立ちたい」という意欲を刺激されます

そんな中でドキッとしたのが「後悔しない家」でした
悩みました、そこでメールで下のようにお伝えしました



「後悔しない家」にするためには
考えて考えて考え抜いてこれ以上考えられないところまで
考え抜きたいと思います

住まい手も住まい方、生き方をよく考えて
必要なもの不要の物の判断をしっかりとして
必要十分条件を満たして贅肉をそぎ落とす様に
考えていただければありがたいです


というものです
前半の「徹底的に考える」これには異論は出にくいと思います
後半の「住まい手が住まい方を考えて」には注釈がいると思います
良い間取りは住まい手の生活や住まい方にぴったりなものです
生活のビジョンが無いと良い間取りは出来ません
という趣旨でした


以前に書いた間取りが決まるまでに例として挙げさせていただいた
設計事務所の先輩の話
設計の専門家が自宅の設計に後悔の無いように
時間をかけて推敲したにもかかわらず不満が残った
という部分です

技術や機能にのめりこみすぎて
家族とどんな生活がしたいか
という根本のビジョンが抜けていたのです

逆にこの点だけしっかり抑えていれば
後悔はしないのではないでしょうか

完璧な完全無欠の人が居ないように
完全無欠の住まいもありません

欠点だらけでも愛すべきチャムーポイントのある人は
大過なく過ごすことに長けた人間よりも愛されるものです

住まいに必要なのはあなたがチャーミングだな
と感じられるポイントなのだと思います

「もし〇〇の家」という名前をつけるならという質問は
あなたが「チャーミングだなと思えるもの」という質問に
置き換えられるのかもしれません
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

素敵な質問ですね~
『後悔しない家』、心からの意見ですね!
妙に共感できました!

本当に素敵な記事ですね!
自分がどう生きたいか。と問われた気がします。
「完全と、後悔しない」はイコールでは繋がらないですよね。
家も人生も、同じに考えられるんだろうな〜
なんて思ってしまいました☆
大事なものや好きなものは沢山あるけど、
一番大事なものを本当に大事に出来たら
後悔にはならないって、
どんなことにも共通して当てはまるのかなと思いました。

ニーチェ様
コメントありがとうございます
介護の仕事も同じですが
ニーズを的確に把握することの難しさを感じます

「〇〇の家」とお聞きするのは
その家を建てる時のテーマは何ですか、何を求めていますかと言うことです
「家族が集う暖かい家」と言われればそこに向かいます
「アンティーク家具が似合う家」と言われればそこに向かいます
目標が有って建てれば、将来生きる目標が変わったとしても
あのころはこうだったと後悔無く振り返るでしょう
全てに合格点を取りに行くと振り返った時に何も無く後悔が残るのではと心配です

miho様
コメントありがとうございます
>自分がどう生きたいか。と問われた気がします。

衣食住、全ての行いはどう生きるかを試されているともいえますね
設計監理した家はそこに自分が立たされているような感覚にもなります
住まい手は気にしていなくても設計者として疑問の残る家は見るのがつらいものです

>「完全と、後悔しない」はイコールでは繋がらないですよね。
家も人生も、同じに考えられるんだろうな〜
なんて思ってしまいました☆

ナイスフォローありがとうございます
最も重要なポイントです
家も人生も、本当に自分が納得して決めたことは結果がどうあれ後悔することは少ないと思います


>大事なものや好きなものは沢山あるけど、
一番大事なものを本当に大事に出来たら
後悔にはならないって、
どんなことにも共通して当てはまるのかなと思いました。

その通りですmihoさんのお宅を拝見しているとそれが良く判ります
それはまさしく生き様だと思います

「〇〇の家」とお聞きするのは
あなたは何を大切に生きますかという問いかけでも有るのです
家作りをそこまで考えていただきたいそういう問いかけでも有ります

今の家を建てた時は全てを自分で選びましたまた。住んでみて、初めて日当たり状況がわかりました。でも間取りや収納には満足いくものでいた。玄関と和室までは和風、で奥のダイニングキッチンは南向きなので日当たり良好で一番活用する部屋です。キッチンから脱衣所はつなげて洗濯がしやすいように脱衣所にはいったん干すバーと下着やタオルを入れる収納も作りました。キッチンはブログに載せたので5月20日を是非見て下さい。地震や家族構成が変わるのでいつかリフォームを希望しています(お金があったら・・・)

「仏壇の上の部屋」で検索して 間取りさんのブログにたどり着きました。
2階部分のリフォームを考えていて、現在は仏壇の上は押入れなので問題はないのですが、わたしの考えた案ではリフォーム後はリビングになってしまう。
ご先祖様は踏みたくないけど、リビングは広げたい。ちょっと悩んでます。考えすぎて変な夢まで見てしまいました。

>完璧な完全無欠の人が居ないように
完全無欠の住まいもありません

欠点だらけでも愛すべきチャムーポイントのある人は
大過なく過ごすことに長けた人間よりも愛されるものです

日本にはそれがなくなった気がします

農作業が忙しいのでしょうか?お返事が頂けないのが残念です。
我が家には、とても小さな家庭菜園をしています。かぼちゃ、糸瓜、夕顔、トマト、プチトマト、ゴーヤ、しそ、ニラ、浅葱、食用菊。ふき、ウド、イチゴ、みょうがなど勝手になるものを着くています。お花も沢山あります。お花も見れて新鮮なものを食べれていいですよね。(^.^)

Re: タイトルなし

お返事遅くなりまして申し訳有りません
妻が具合を悪くしまして、、、
菜園も手付かずのままで
ブログも間取り作りも延び延びになっておりまして
皆さんにご迷惑をお掛けしております
申し訳有りません

Re: タイトルなし

お返事遅くなりまして申し訳有りません
私なりの考えを記事にしたいと思います
ごらんいただければ幸いです

Re: タイトルなし

XX様コメントありがとうございます
返信遅くなってごめんなさい

> 日本にはそれがなくなった気がします

そうですね今の日本国の社会や教育が
管理しやすい人間を望み
皆と違ったことを嫌うことによるのかもしれませんね