2012/04/07

~ネバならぬの否定

間取りのコツについて書いてみたいと思います

間取り図作成ソフトが出来て
初めての人でも間取り図を簡単に作ることが出来るようになりました

必要な部屋を並べて行くと間取りが出来上がり
外観図やインテリアのチェックまでできます

こうして出来上がった間取りがあなたの生活にピッタリのもので有ればよいのですが
どこか不十分な気がするけれどもどういじっていいかわからない
と言うことが出てきます

そんなときのお勧めテクニックは

部屋の大きさや繋がりに関して、こうでなければならない
という固まった考え方に、本当に?もしそうで無ければ?逆に考えれば?
と言う疑問を投げかけて見ることです

例えば
お客様が泊まる客間が必要だと考えているものを
本当にいるかどうか?なくしてみたら?など仮定してみて
実際の利用頻度などから
「年に2、3回なら居間のソファで良いや」と言うことになると
一部屋少なくなります。住宅の設計で1部屋少なくなると
まったく違ったものになって、作りやすくなります。

このテクニックを「~ネバならぬの否定」としておきます
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

間取り図作成ソフトの出現で、素人でもこうして欲しいと図面を作って持ってきそうですね
ただ、これまで以上に理想と現実のギャップがすごくなりそうですけどね

XX様
コメントありがとうございます

>間取り図作成ソフトの出現で、素人でもこうして欲しいと図面を作って持ってきそうですね

その様になると思います

>ただ、これまで以上に理想と現実のギャップがすごくなりそうですけどね

沢山の方が自分で間取りを作って
理想と現実の差を知って
良い間取りとは?
良い住宅とは?
と考え情報交換が進むことによって
住宅に関しての文化が進んで行くのだと思います

最終的にはあるべき方向に
収束して行くと思います

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。このブログのおかげで住宅建築の投稿をする事が出来ました。毎回勉強になります。ありがとうごさいます。では、また

ようこ様
コメントありがとうございます
住宅建築の投稿ですか
もう少し詳しく教えていただけるとうれしいです

何はともあれお役に立てればうれしいです