2012/03/29

窓と壁

住まいは明るく爽やかであってほしい
誰もが考えることです

間取り作りでは
ついつい出来るだけ沢山の窓を付けたくなります

しかし長い間設計をやっていると
窓は沢山あればよいというものではないことに気がつきます

日本中の多くの地方では
南に大きな開口をとるようにします
これは当たり前ですね
南の窓は太陽高度の低い冬には部屋の奥まで日が差し込み暖かく
太陽高度の高い夏には余り直射日光は差し込みません
庇をつければほとんどさえぎることが出来ます

けれども西や北の窓は夏の暑い夕方に西日が差して
涼しい風が入るどころか部屋を蒸し風呂のように熱します
こんな窓はいらないと言いたくなりますね
その通りです最低限の採光を確保したら後は
通風に必要なだけの開口をあければ良いと言えます

またTVと同じ面に強い光があるとTVが見づらいとか
窓を付けても隣家の壁が迫っていると効果が少ないとか
さまざまな要素を頭に入れて窓の位置や大きさを
検討しなければならないと思います


次は壁についてです
壁が少ない家は落ち着かない感じがします
しっかりした壁があると守られている様に感じます
ゴルゴ13はいつも壁を背にして後ろから
攻撃されないようにしています
同じ心理だと思います

壁面をよりどころにして家具や花や額などを置くと落ち着きます
開口の前では透けて見える効果を出したいとき以外は
後ろからの光になって美しくありません

南に大きな開口を設けたら反対側に小さな開口を設けて風の流れを作ります
寝室も居間も本来であれば壁の中央ではなく
奥の壁に近いところに1個だけ取り付けると
しっかりした壁のあるお洒落なインテリアが楽しめると思います

予算の関係でコストダウンしたい場合には
窓を減らすことを考えてみてください
建築工事費の中で窓に掛かる費用は比率が高いので
コストダウンの効果が大きいものです
関連記事

コメント

非公開コメント

間取さんのブログは勉強になるな~
うちは分譲マンションですが、一戸建てを立てたくなってしまいます!

ニーチェ様
コメントありがとうございます
ハイ、そのときはぜひ間取り作りに協力させてくださいね
勉強して待っております

夢に向かってしっかりとやっていきましょう

勉強になりました。ありがおうごさいました。窓は十字にあると風通りがよいといいますよね。大事なことだと思います。また壁の必要性も家の強度を高めたり、家具を置くスペースとしてもひつようですよね。窓だけだと落ち着かないのもわかります。住んでみてTVの位置も考えました。コストがかかることはよく知らなかったので教えてもらい良かったです。出窓を多く作りましたが、今の家があまりないようですね。流行りなのでしょうか?

ようこ様
コメントありがとうございました
そうですね10~20年位前は設計で打ち合わせるたびに
出窓を付けてくださいと言われたものです
あのころはメーカーにあれがお洒落だと思い込まされていたようですね
建物が安っぽくなるから
プライバシーを損なうから
と言ってもなかなか受け入れてくれなくて
苦労したことを思い出します

今は余り流行らないようで安心していますが
今はオール電化だとかエネファームだとか
流行が変わってきているだけでしょうか

>TVと同じ面に強い光があるとTVが見づらい

主人の実家がまさにその通りです。
体験したからわかった事で、気付かなかったら作っていたかも^^;

壁の中央に壁!これが普通と思ってました。
何も不思議に思いませんでしたが、教えて頂いてなるほどです♩
しっかりとした壁がある方が、落ち着きます!

間取り作成時に、図面を見ながらイメージ膨らませるのは素人には限界があります。
窓や壁の位置。隣との関係。風通しなど。。
施主側としては間取り作成の時に、その施主の求めているものを引き出しながら的確なアドバイスや、良い事悪い事を言ってもらいたいなと思います。

なんて今は思います^^


なお様
コメントありがとうございます

>主人の実家がまさにその通りです。
体験したからわかった事で、気付かなかったら作っていたかも^^;

いろいろな経験を見聞きしていること
設計をするときに必要なことですね

>施主側としては間取り作成の時に、その施主の求めているものを引き出しながら的確なアドバイスや、良い事悪い事を言ってもらいたいなと思います。

その通りですね専門家の責任ですよね
患者さんが「おなかが痛いから盲腸の手術をしてください」
「ハイ判りました切っときます」って言う医者がいたらびっくりしますよね
どうしたらその方に良いか考えるのがプロでしょう
それも我を押し付けるのではなく
これがまた難しいところでもあります