2012/03/24

「まあ、あのまま建たなくて良かったですね」

前回の「車ってそんなに大事ですか?」の続きです

誰が考えても心地よく住めそうも無い設計をしたのは
A化成のHベルハウスの設計の人でした

「打ち合わせも3回目になりましたので契約してください」と言われて
契約して200万円を支払ったと言うことだったので
契約破棄と契約金の返却と建築士としての姿勢に対して
話をする機会を持ちました

予想通り
「お客様の合意の上の契約です。返金はしません。」
と言うことでした
「この設計でどうやって生活するのですか?
素人さんが屋根付きの車庫を希望しても
設計の専門家として屋根付きの車庫を優先すると
生活が成り立たないとなぜ説得しなかったのですか?」
と言っても
「お客様の希望を聞いて図面にしました。」の一点張り
そこに建築士としての倫理観や責任感はまったく感じられませんでした

自分が設計した家で豊かな生活をしてほしいと言う
設計者の基本中の基本の姿勢を忘れ
ただお客様の希望した部屋をパズルの様に組み合わせてただけ
それではプロの設計とは言えません

会社の名誉も、自分自身の名誉も関係ない営業設計者を悲しく見ました
建築業界、建築士の尊厳ほか諸々を傷付けていることもわからないのでしょう
そして役に立たない図面に200万円も払った施主にどう言っていいか、、、

「まあ、あのまま建たなくて良かったですね」
としか言えませんでした

心の中では「こんなものに金を払うのがいけない!」と叫んでいました
良い消費者が良い市場を作るのです

その後
Hベルハウスと契約した工事金額で
地上3階地下1階の鉄筋コンクリートの住宅が完成しました
設計料もその中で賄いました
親しくしていた工務店さんにもだいぶ迷惑をお掛けしてしまいましたが
お客さんには喜んでいただけました

この経験から言える事は狭小敷地、変形敷地などは
ハウスメーカーに頼んでもまともなものはできない
設計を専業にしている設計事務所に依頼する方が良い
ということです

建築士の「士」は司法書士、や弁護士といったいわゆる「士業」で
専門の知識をもって依頼者の利益のために働くもののはずです

ハウスメーカーの場合
「お前この家の図面を描け」と上司に言われるので
依頼者は会社です、、、ということでしょうか???

これから家を建てる方には
設計で飯を食っている設計者にも
大手のハウスメーカーの設計者にも
プロと言いがたい者がいると言うことを
しかと覚えておいてほしい

「自分のの望んでいるのはこれではない」と言える様にしたいものです
関連記事

コメント

非公開コメント

一生に一度の大きな買い物になるので、絶対に失敗はしたくないものです。
良い設計士の方や工務店の方と出会うことができれば・・・。
その為にはやはりいろいろと時間をかけて、見学会等に通って消費者も目を肥やすこと大事なんでしょうね。

わっしー様コメントありがとうございます

おっしゃるとおりですね
間取り図や住宅を見る目は
人を見る目と同じで
沢山見ていくうちにだんだん培われていきます

住宅展示場や見学会も大事ですが
時間を作って文化財になっている
古民家や明治村のような所で
本物に出会うといいと思います

質屋の子育ては本物だけを見せる
と言う言い伝えがあります
本物ばかりを見せていると
偽者を見たときに
何か変だと気がつくそうです

いま家作りの場にいる方には
そんな悠長な話は役に立たないかとも思いますが

子育てのときに意識して本物を見せるように
した方が良いと思います
文化は一代で出来るものではなく
積み重ねの中で出来て行くものですから

他の同業者に依頼したというお客様から、
苦情が寄せられた事があります。
詳細は書きませんけれども、
同業者に悪質商法みたいな事をしている者が
いるのは残念です。
他の業界でも、
そのような事例はあるんだなと
思って今回の記事を拝読しました。

無口な草食系行政書士@青森様
コメントありがとうございます

>同業者に悪質商法みたいな事をしている者が
いるのは残念です。
>他の業界でも、
>そのような事例はあるんだなと思って今回の記事を拝読しました。

どこにもどの業界にもいるんですね
行政書士も士業で悪徳業者にかかわったお客様は
可愛そうですよね
話を聞くだけで辛い物があります

今回の事例では悪徳業者という言葉を使うことがはばかられる
メジャーなハウスメーカーです
ごく一部に至らない人間がいたと言う解釈をしています
しかしハウスメーカーの建築士は仕事を取るために気に入られることが先で
正しいことを言えないのかもしれません
もしハウスメーカーの建築士の方がいらしたら
ご意見をいただけたらうれしいです

大変でしたが、間取さんのおかげで良い家ができて、本当に良かったですね。
私の家を建てるときも、数社、間取や見積もりを出してもらってみたのですが、やっぱり大手さんほど親身になってくれるような温かさに欠けていたように感じました。
最終的に、知り合いの小さな建築会社さんにお願いしたのですが、建築後何年経ても何かあるとすぐに駆けつけてくれ、しかも無料だったり、材料費だけで面倒を見てくれています。
やはり人間同士ですから、真心を持ってお仕事をしてくださる方にお願いしたいですね。

翠 様
コメントありがとうございます

>やはり人間同士ですから、真心を持ってお仕事をしてくださる方にお願いしたいですね。

さすが翠さん本質をつかんでいらっしゃる。

人間同士真心で接する人であれば
大手でも小さな工務店さんでも良いと思います。
身近な小さな工務店さんはそれでしか生き残れない
大手はTVで宣伝して住宅展示場があり
お客さんに真心で接しなくても自分の生活が困らないと言う土壌があます。
さらに売り上げのノルマがあって
真心なんて言っていられないような企業風土があるのでしょうか?
心豊かな社風のある大手が出来てそれを競うようになればまた新しい時代が始まると思います。

そうですね。

仕事は、人なりですね。

仕事を、まさか!資格や会社がするわけではありませんから、ね。

また、どう云う人に出会うかは、日ごろの自分の徳分、自分を磨いて養っておくことが、いい人と縁ができるのだと思います。

つまり、運が良くなるのね。 あはは。

cosmos様
コメントありがとうございます

>仕事は、人なりですね。

はいその通りですね

逆に会社が人を育てる一面もあり
世のため人のためを目指して公務員になった友人が
1年もしない間に事なかれ主義の役人根性丸出しの
話をしているのには耳を疑いました
今盛んに問題を起こしているいくつかの会社も同じような会社の姿勢があるのだと思います

>どう云う人に出会うかは、日ごろの自分の徳分、自分を磨いて養っておくことが、いい人と縁ができるのだと思います。

これも仰るとおりです
今回の施主の方にはこういう出来事を通じて
自分の目で見て考えて決断する
相手に流されるとどうなってしまうか
いやなものはいやと言わなければならない
と言うことを学ぶために必要な経験だったのだと思います

私との出会いも普段の人間性の良さから
気軽に相談出来る人間関係を作っていらしたからでもあります

起こってくること全てその人にふさわしい
と言えるのかもしれません

間取さん、こんばんは♪
このご家族は間取さんに救われたのですね!
高い費用が掛りましたが、家づくりの難しさを身に染みて感じられたことでしょう。

これから家を建てようという方にとっても、ぜひ参考にして頂きたいですね。
そして私共ももう一度気を引き締めたいと思いました(^_^)
大手メーカーだろうと、町の小さな工務店だろうと、大切なのは心ですものね。
家を建てることでそのご家族の人生の一部に関わるわけですし、
忌憚なく話し合える良好な関係を築くことが大事なんだなぁと感じました。

>逆に会社が人を育てる一面もあり

これって、上の顔色を見て仕事をしているので、自然とそうなるのでしょうね。  あはは。

会社のトップを知るには、末端の一社員と話せばわかりますね。
昔の松下(今のパナソニック)出身の起業社長は、幸之助さんらしい商人的な方が多くて、
日立製作所出身の起業社長もセンスが良いのですが、
今回、野村は、どう云う社風なのか、世間に恥をさらしましたね。

知らないと損をします。私は女なので何も知らないと思われます。何事にも事前に調査してからですよね。地震やシロアりの防除、外壁などにどんどん高い家になります。でも地震でかなりのダメ―ジが残り、いつかは、リフォームしたい希望ありますが、今はまだまだ無理な状況でです。実現する時があったら良い設計士さんに出会いたいと思いました。ためになるお話をありがとうごさいました。

Re: タイトルなし

ますかっと様

コメントありがとうございます

> これから家を建てようという方にとっても、ぜひ参考にして頂きたいですね。
ぜひ人任せにしないで
自分で考える、説明を求める
納得できなければ契約しない
この当たり前の事をしてほしいですね

> そして私共ももう一度気を引き締めたいと思いました(^_^)
ますかっとさんの会社のように
施主が望んだ以上のものを提供する姿勢が大事ですね

> 大手メーカーだろうと、町の小さな工務店だろうと、大切なのは心ですものね。
> 家を建てることでそのご家族の人生の一部に関わるわけですし、
> 忌憚なく話し合える良好な関係を築くことが大事なんだなぁと感じました。
専門家としての責任と誇りをもって素人の施主を導く気概が必要ですね
そして独りよがりにならない、お客様の声を聞く素直な人間性も必要だと思います。

Re: タイトルなし

cosmosさま
コメントありがとうございます

> 会社のトップを知るには、末端の一社員と話せばわかりますね。
優秀なトップは社員教育の大切さを知っています
良い会社には良い社員がいます

世のため人のためと云う気持ちで役所に入った友人が
一年も経たない間に何もやらないことを良しとする役人根性になっていたのには驚きました
会社が人を変える例です
役所と云うところが社員教育を行っている会社に比べいかに
人づくりできないかの例でもあります
大阪市の問題も根本原因はここにあるように思えます

> 今回、野村は、どう云う社風なのか、世間に恥をさらしましたね。
野村證券にいたいとこは
「ノムラでなくノルマ証券だ」と言っていました
人としての善悪よりもノルマをこなした人間が評価される
そんな企業風土がありそうですね

Re: タイトルなし

ようこ様
コメントありがとうございます

>でも地震でかなりのダメ―ジが残り、いつかは、リフォームしたい希望ありますが、今はまだまだ無理な状況でです。

大変な思いをされているんですね
人様にいえることではないと思いますが
私は困難に出会ったとき
「今自分に不都合と思えることが目の前にあっても
それが過ぎると必要なプロセスだったと振り返るときが来る」
と自分に言い聞かせるようにしています

>実現する時があったら良い設計士さんに出会いたいと思いました。ためになるお話をありがとうごさいました。

もしその気があるのであれば今から「建築士」の検索サイトやホームページやブログで
この人と思える方を探してはいかがでしょうか
好きなブランドが有ればそれを買えるチャンスに迷わずに済みます
そのときになってから慌てて誰が良いかなとやっていては
じっくりと選べない恐れがあります

蛇足ですが
「設計士」という資格はありません
「建築士」という国家資格があります
「建築士」は依頼者のために働くことを義務付けられています
ぜひ良い「建築士」を探し当ててください

良い言葉とアドバイスをありがとうごさいます。生きることは、本道に修行の道です。災害だけでなく悪い事が次々に降りかかります。
でも、生きていることに感謝をして頑張りたいと思います。ありがとうごさいました、

>本道に修行の道です。災害だけでなく悪い事が次々に降りかかります。

修行の道などと大げさには考えないほうがよろしいかと、、、
「くらげなすただよえるとき」に書いたように大地は動くものです
あなたを狙ってあなたが悲しむようにしようとして
起こっているわけではないのです

起こってくること自体に善悪はなく
善悪と評価している自分があって
自分も時間とともに変わって
善悪の評価も時間とともに変わる

と言うことを知っていると
生きるのが楽になると思いますが、、、