2012/02/04

子供室に補助金を

間取り作成の依頼が重なって
ブログ更新が滞っておりました
せっかくお越しくださっても新しい記事が無く
申し訳ありませんでした

ということで新しい記事を、、、
今回は子供室の記事になります

「少子高齢化の根本原因はこれだ!」と思い当たるのは
宅地があまりにも狭く、住宅があまりにも高いと言うことから
子供室をたくさん作ることができない
ずっとローンを払い続けなければならないので
経済的に子育てが難しい
と言うことです

そんなこと皆知っているとおっしゃると思うのですが
それならば
少子高齢化対策のため子供室一部屋ごとに
建築費として一定の補助金を支給するような対策が
議論されてもいいですよね

橋下さんの新党のマニフェストに入れてほしいですね

子供室1室当たり500万円を支給する
そうすれば4室子供室を作れば2000万円
一般的な住宅の建築費がまかなえると言う計算です
ローンに苦しめられずに子育てができます

いいアイデアだと思うのですがいかがでしょうか?




話が変わりますが
いつもお邪魔している「自己満足で行こう!」というブログに
間取作造の名前を載せていただきました
料理や日常生活のことのブログですが
基礎代謝を上げる方法をコメントさせていただいたところ
記事にしていただきました
ごらんいただけるとうれしいです
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

はじめまして

もふもふ903さんのブログからお邪魔しました。
工務店事務をしている、ますかっとと申しますm(__)m

子供室に補助金…素敵な案だと思います!
この国をどんな国にしていくのか、
一本筋の通った政策が望まれるところですね。

家づくりの“ツボ”を勉強させていただきます♪

こんばんは。

こちらにもご紹介頂き、ありがとうございます。
教えて頂いたスクワットを続けて、少しでも代謝が上がり、体重が落ちるといいなと思っています。
今後ともよろしくお願い致します。

もふもふ903様ますかっと様コメントありがとうございます。

子供室の補助金は無理かもしれませんが
子育て世代の方々への支援を市民レベルで
して行かないといけませんね

そこでフリープランニングでは子育て世代の方の間取り図製作は
何回変更しても無料とします

将来年金や税金で皆様のお子様のお世話になるのですから
このぐらいのサービスはして行かないといけませんね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>子供室に補助金

これが実際通れば家を建てようとする人が増え、少子化問題解決の糸口、どん底スパイラル経済から脱出かも・・・
こういう大胆な政策を一度ためしてみて欲しいものですね。

くーら様
コメントありがとうございます
この提案に賛同してくださる方がいらして
うれしく思います

どこかに発表の場があれば
提案してみたいと思います

お心当たりの方
ご教示ください

お越しいただいたようで、お礼に参りました。

子供部屋に補助金ですか!?

建築は思想と言います。
それから言うと、子供のひとりひとりの立派な部屋はいらないのではないでしょうか?

というのが、モンテッソーリー教育をヨーロッパから日本へ普及した先生が言っていらしたのですが、ヨーロッパでは居間を中心に側に子供部屋を作る。子供部屋のドアは居間から開けるのです。
ヨーロッパの子供部屋は、寝室の機能だけでベッドだけがあり、日本の様なテレビや本棚や机が揃っている贅沢なものではないと。
生活の場は、家族と居間でいっしょにするように設計されているそうでした。
子供を一人にさせる部屋は与えないように。
勉強やテレビは、家族の見ている前で、居間でさせるように。
モンテの教育法はそう云うご指導でしたよ。

cosumosu様コメントありがとうございます
お説のとおりです
設計界でも最近は家族の空間を重視して
子供室はベッドと机とクロゼットが有ればよく
面積的には4帖程度で十分という立場を取る方が主流です
この考え方が一般的になってゆくまで書き続けなければいけませんね

子供部屋に補助金
これはいいかもしれない
子供手当てと言う名の大人のお小遣いに消えるよりは

XXさまコメントありがとうございます
そうでしたね
子供手当てが入ったので
パチンコに行ったという話しを聞くと
こんな日本に誰がしたといいたくなりますね

こんな日本にしたのは
間違いなく
戦後復興、所得倍増、バブルなどの文化を
築いて来たわれわれとその親の世代の
仕業であることは間違いないことです

「ごめんなさい」と謝って新しい文化を
作り出す方向に歩みださないといけない
と思っております、ハイ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます