2011/12/23

動線

最近「動線」という言葉が
豊かさや安らぎという住まいの根源的なニーズを
差し置いて最も価値のあるもののように大手を振って歩いている
ような気がします

「導線」と記述しているものも見ますが正しくは「動線」です

「動線」は建築計画学の授業の初期に学ぶ言葉です
人の動きを平面上の線で現し長いとか短いとか
交差しているとか混乱しているとか
プランニングをチェックするのに利用します

まとめると「建築を計画するときのツールとして動線に混乱や無駄が
ないようにすることによって建築全体の整合性を高めようとするものです」
と言うことに成ります

それが短いことが何をおいても重要であると言うようなことはなく
またそれ自体には何の価値もなく
重要なのは動線によって繋がれる空間と全体です

更にいえば動線を長くしたりあえて無駄に曲げたりすることによって
目的の空間へ至るプロセスを演出したりして
建築を豊かに作り上げて行くことができます

下のの写真は銀閣寺の生垣です
高さ5mで長さ50mだそうです
椿や樫や茶の木などを混植してあるそうです

ginkaku21.jpg

この長い長い通路を通って左へ曲がると中門
中門から更に唐門を通ってやっと本堂へ

この間に期待感をもりあげて
たどり着いた時の喜びが
より大きく成るように演出されているわけです

ginkaku31.jpg

もちろん住宅ではこのような大げさなことは
しませんが演出の方法として多用されています

アイストップと同様に
動線は目的ではなく豊かな建築を作り出すためのツールとお考えください

上記の写真は
「TOM'S Slow Life」からお借りしました
豊富な写真と奥深いコメントがありますので
是非ご覧ください
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tomlife/index.html

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

訪問&メールありがとうございました。
また、お時間ありましたら、ぜひ!
こんなプロフェショナルな方とネット上とはいえお知り合いになれてうれしいです。

父が大工で、建築には興味があります。
とはいえ、まったくの素人ですので、このブログで勉強させて頂きます。

間取さん初めまして!
訪問誠にありがとうございます。

さすがはプロですね。
ただただ写真を撮っているだけの私みたいな素人とはやはり違いますね。

明けましておめでとうございます!

こちらも精進して参りますので
どうぞ暖かく見守ってやって下さいな。

明けましておめでとうございます。
 施主のための家づくり情報サーチのkokkoです。

 昨年中は大変お世話になりました。
 今年もよろしくお願いします。

 http://kokkoie.blog.fc2.com/

あけましておめでとうございます
訪問&コメをありがとうございます^^

建築やデザインはド素人ですが、
また訪問させて頂きます、
また今年もよろしくお願いいたします!