2017/05/21

笠森観音に行ってきました。

こんにちは間取りづくり、間取りのセカンドオピニオンの間取作造です。

笠森観音に行ってきました。
圏央道茂原長南インターチェンジから5分くらいのところにあります。

四方懸造りという日本唯一の珍しい建物で国の重要文化財になっています。
塔のようにとがった岩山の頂上の上に建てられています。

DSCN0005-2.jpg

京都の清水寺の舞台と同じように柱と貫でジャングルジムのように
縦横に構成された貫構造です。
現在の木構造が筋違や合板などの壁の剛性で持たせるのに対し
柱を貫通する貫を楔で止める工法になっています。
地震や風などの水平方向の力が掛かると少しづつ変形しながら
ジョイント部分の摩擦で持たせています。

DSCN0009-1.jpg 

写真に写っている天井部分=舞台の床下の斜めの材料は
床に平面剛性を持たせ柱に力を伝える最近行われた補強のようです。

低い山しかない千葉県で深山幽谷の雰囲気を味わう事の出来る名刹です。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

No title

今日は
千葉県に住んでいながら行ったことがありません。色々な方の写真を見ますが、凄いなと思います。

No title

相子様
ご無沙汰しております。
久しぶりの地域ネタでした。
観音様にお願いしたいことが有って急きょ行ってきました。朝早く行ったので神聖な雰囲気の中でお参りが出来ました。
機械も車もない頃に良く作ったなと感心しますね。意志力の強さを感じます。