2017/03/10

夏涼しく冬暖かい家 その4 ー通風ー

こんにちは間取りづくり、間取りのセカンドオピニオンの間取作造です。

夏涼しく冬暖かい家 その4 は通風です。

都市部では窓を開け放して風に吹かれる
という事も少なくなりました。
埃っぽく排気ガスが入ってくる外気では
風が心地よいとは言いにくいです。

それでも少し郊外に出れば春、夏、秋と風が気持ち良い時期があります。
スギ、ヒノキの花粉症のある人は3~5月はあきらめなければなりません。
イネだとかブタクサだとかにもアレルギーが有って
一年中花粉で悩まされている方もいますが、、、

ともあれ風が心地良いことがあります。

一時代前は夏の暑さをしのぐのには日陰と風が頼りです。

通風で重要なことは出口です。
居室には採光や日照のための窓があります。
そこが風の入り口になります。
風の出口はその反対側が理想的です。
そうでなければ直交する面例えば南側に窓が有れば西か東に有れば良いですね。
それも無理な時には高窓で屋根の上に抜ける様に工夫したりします。

170311ナナ邸01外観縮小 

夏涼しく冬暖かい家」の基本事項は誰でも知っていることです。
知っていることを個々のケースで十分発揮できるか
それが設計力だと感じます。

日々精進して良い家づくりのお手伝いをして行きたいと思います。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント