2017/03/06

夏涼しく冬暖かい家 その1 ー冬暖かい家ー

こんにちは間取りづくり、家づくりボランティアの間取作造です。

間取り作りのリクエストに「夏涼しく冬暖かい家」というのがあります。
冷暖房設備や断熱技術が進んでも建物の基本性能でそれが確保できていることが理想です。
日照、風通しといった自然環境を有効利用することが必要です。

まずは今の時期(3月3日)に体感できる「冬暖かい家」から考えましょう。

我が家は晴れた日であれば日中の暖房は要りません。
太平洋側なので冬の間は晴れの日が多いので助かります。

このように日当たりによって暖を採ることをダイレクトゲイン(直接蓄熱)と言います。
南側に窓が有ると温かい、当たり前ですね。
東や西や北の窓だとどうなるのか
どの位の差があるのか目で見て分かるようにできないか考えてみました。

日照2外観 
上のような正方形で東西南北の各面に掃き出し窓のある家で考えてみます。
敷地は東京で設定しています。
w82
冬至の朝、日の出は6時55分です。
8時ようやく東の窓と南の窓から日が差してきます。
w102
10時になると南側の窓から部屋の奥まで届く日照が得られます。
東側の窓からの光は少なくなります。
w122
12時になると南側の窓からだけの日照になります。
w142
14時になると西側の窓からも日照が得られます。
w162
16時にも西側と南側からの日照がありますが
16時31分に日の入りなので弱々しい日照です。

「冬暖かく過ごすためには南側の窓が重要」何となく分かっていたと思いますが
よりはっきりお分かり頂けましたか?


関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント