2016/09/22

利用料

間取り作成費


間取り図の作成費を下の金額とさせていただきます。

間取り作成費一式 50,000

作業内容

1、基本事項

配置図、間取り平面図、外観図等であなたの欲しい家を表現します。


全てに関してインターネットでの敷地調査を行います。注意事項等が有りましたら報告させていただきます。


2、追加事項

基本事項のほかに

内観図、別アングルからの外観図日照図など計画を理解していただくために必要と思われる資料を提出します。ご希望が有りましたらお申し付けください。


3、有償オプション

内部確認用ウォークスルー動画-----5000


返金制度


返金制度の目的

お客様のご希望に沿うよう誠心誠意努めさせていただきます。けれども人と人の関係ですのでご満足いただけない事が発生する恐れがないとは言い切れません。ご満足いただけなかった場合にお客様の不利益を最小限にするために返金制度を設けました。

返金の金額

作業の進捗状況にかかわらず返金金額は40,000円とさせていただきます。
敷地条件、要望事項の読み込み、敷地調査、敷地の入力など図面作成の前段階の下ごしらえにかかる費用として10,000円を差し引かせていただきます。


作業中断の例

2016年9月の段階で300件ほどの間取り作成のご依頼が有りました。その中で2件だけ中断したケースが有りました。
(ケース1)
1階の南面にリビング8畳、ダイニング6畳、キッチン5畳、玄関2畳、ウォークインクロゼット2畳を配置するのがご希望でした。普通に並べると12.29m必要です。敷地は13mしかありません。隣地との離隔距離を取ろうとすると入りません。部屋の形や位置などを変更して何度か提案をしました。提案に対してのご回答は希望事項は変更できないというものでした。
(ケース2)
ご希望は平屋建て、ご希望の外観は2階建て。最初から無理が有りますね。一部2階建にして吹き抜けとロフトを作って張りぼての間取りを提案。その一部2階もNGという事でした。何件かの工務店さんが図面を書いて見積もりを出したそうです。坪単価50万円位の予算に対して見積金額が高すぎるという事でした。建築基準法上床面積に算入されない吹抜とロフトも施工床面積には含まれて費用が掛かる。という説明をさせていただいたのですがご理解いただけなかったようです。

このような場合お客様に満足いただける間取りは出来ませんので中断させていただきました。


お約束


納得していただける内容になるまで何度でも変更する事をお約束しております。

施工者との打ち合わせ段階の技術的なすり合わせなど間取り完成後もどんどんお申し付けください。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント