2011/12/13

配置計画その1

商品化住宅が市場を席巻するようになると
家は建てるものから買うものになってくるようです

その中でも忘れないでほしいのは
配置計画の重要性です

何LDKの家の間取がうまく入って
駐車台数も確保できたから
これでよしと言うような設計に
出会うと寂しい思いにさせられます

道路から玄関までのアプローチ
ダイニングやリビングと庭とのつながり
窓から見える景色など

生活のそれぞれのシーンにふさわしい
外部との繋がり方があるはずです

小さくても南側の日当たりの良い場所は
お子様の外遊びの場
庭弄りの場になります
それらの外部空間での活動と
間取がリンクしていなければ
生活の豊かさはありません

シンボルツリーとかアイストップとかの記事に出てくる
テクニックも
生活を豊かにするために必要な
技術なのです

住宅建築に携わる設計者も様々です
国家資格をもった建築士や
専門知識もなく資格もないけれど設計士
と言う法に触れない言い方で仕事をしている
人も居るようです

建て主、買主がしっかりと
見る目を持たないといけません
賢い消費者が良い市場を作るのです

間取と外部空間とのつながり
と言うポイントもしっかり意識して
貴方の手元の間取り図を確認してください

紙に書いてあるうちは直すのが簡単です
納得がいくまで検討してください
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

こんばんわ、いつも拝見させていただいています。私のブログにいつもあたたかいお言葉を頂き、大変うれしく思っています。
私のような者の主観的な意見に対して、反応してくださる方がいらっしゃるだけでも驚きですが、さらに理解度が深まるコメントに感謝します。


本日の配置計画のお話ですが、全く恥ずべき事ですが、私も“計画”というよりは、“結果”となっている事があります。

施主の要望を“間取り”してしまっている事によるのですが、「ココはこうした方が空間的に良くなる」と思っても、部屋数や動線の最短性に対する要求が高いので、それをもっとうまくデザイン処理できない力量不足の為です。(営業的に客に嫌われたくない弱気な態度もあります)

特に、敷地が広くない時は、アプローチと駐車台数の確保だけとなっている事が大変多いです。

道路からの見え方として、カーポートや車の方が目立つ事に悩んでしまいます。
※間口が狭い時は、コストが無いのにビルトインガレージを提案したくなったりとか。

そして、敷地の悪さやコストの無さ、施主のデザインに対する保守性に対して、不満を言う自分が情けないとも思うのです。

すみません、マイナスオーラを出してしまいました。
また、お邪魔させてください。


コメント有難うございます
うなぎの寝床シリーズでお分かりのように
道路に面して車庫しか出来ないのは
仕方ありません
建築士の責任は少ないと考えます

日本では土地の政策や都市計画の意欲が弱い
ところが原因と考えます

為政者側の意志の弱さだけでなく
住民側も土地の権利は絶対主張して
道路や空港などの国家や地域の
重要案件に対してさえ
絶対反対といってはばからないこと

これは間違っていると思います
対価は支払われなければ成りませんが
公に対する責任を負うべきです

建築士にいくばくかの責任があるのは
市民として市民を啓蒙する努力に対してです