2015/11/21

鎌倉近代美術館に行ってきました

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

鎌倉近代美術館に行ってきました。

800px-The_Museum_of_Modern_Art,_Kamakura_2009 (1)_512

1951年戦後間もない頃に鎌倉の鶴岡八幡宮の境内に建てられた美術館です。
個人的には学生時代に近代建築に関してのレポートを書くために訪れた思い出の建物です。
学生時代には気づかなかった魅力にあらためて感動を覚えました。

細い柱で支えられたピロティ、美しいプロポーションの壁と横長の窓
建築家坂倉準三の恩師コルビジェの影響が見て取れます。

建物は中庭を囲むロの字型、順路は広い外階段を上って2階へ、ロの字の上と右の辺が絵画展示室
下の辺が中庭を見下ろすバルコニー、階段を下りると彫刻展示の中庭とピロティー、、、
順路をめぐりながら様々な建築の空間、シーンが楽しめるのは回遊式庭園を歩く時のようです

八幡宮の平家池に突き出す建て方はまさに数奇屋作りを思わせます。

鎌倉近代美術館は来年閉館で最後の展覧会が1月31日まで開催されています。
2階には美術館の図面も展示されています。
立面図では壁面のプロポーションや目地割の美しさなど時間を越える物を感じます。
矩計図を見るとラチス梁に用いられた鉄骨がL-50x50x4。あまりの細さに驚きました。
2階展示室で感じた床の振動の理由と閉館しなければならない理由が解りました。
戦争が終わって6年、まだまだ資材など入手が困難だったのだろうと思います。
当時の家具の展示も同様の感慨とそれでもしっかりとデザインする心が感じられるものでした。

建築は保存されるとのことですが
美術館としてその空間を味わうことが出来るのは開館中だけだと思います。
ぜひ足を運んで素晴らしい建築を感じて欲しいと思います。

チケット売り場で、記念のバッジをいただきました。
026_512.jpg
ちょっと嬉しい宝物です。

追記
鎌倉は駐車場が十分にはありません。
平日だから大丈夫だろうと考えたのが大間違いで渋滞と駐車場探しに時間をとられてしまいました。
出来れば電車で行くことをお勧めします。

どうしても車で行くという方はJRの大船か藤沢に駐車して1~2駅電車で行くことをお勧めします。
大船からはモノレールもありますので「空から鎌倉を見てみよう」も宜しいかと思います。

小町通りに抜ける住宅街がものすごい人ごみだったので
思わず「住んでいる人はたまんないだろう」とつぶやいたら
すれ違ったご夫人に「たまんないわよ」と大きな声で叫ばれました。
住民の方への気配りも忘れないでいただきたいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント