2015/09/11

今まで経験したことのない大雨

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

茨城県常総市で鬼怒川の堤防が決壊して大きな被害がでています。
被害にあった皆様にお見舞い申し上げます。

今年の流行語大賞は「今まで経験したことのない」と言う言葉でしょうか。
先日のNHKのタモリさんの番組で400年位の周期で大雨が降る時期がある、ということでした。
このような激しい気候が今後ずっと激しさを増し続けるのではないことを祈ります。

鬼怒川の決壊は堤防の改修工事が間に合わなかった、ある意味での人災の要素が有ったようです。
間に合っさえていたらこんな事にはならなかった、と考えるとこのような豪雨でも乗り越えうる技術は持っている
というのが少しばかり慰めになるように思います。
建築の技術者の端くれとして技術を信じたいと思います。

福島の原発でも大きな津波が来る恐れがあるという科学者の提言を握りつぶしたとが悔やまれます。
そのときには経済的な負担が大きくても科学者や技術者の言葉は重視したい物です。

だから建築士のいう事は素直に聞きましょう(^^ゞ
あ、税理士も行政書士のいう事も大切にしましょうネ~(^^ゞ
関連記事

コメント

非公開コメント

おはよう

今現在の想定されている雨量よりも多い雨が降ったって事もあり、今回のような事になったらしいって事も原因の1つではありますね。
他にもいくつか要因はありそうですけどね~。

まぁ、しかし昔の方がもっと何度も被害があったようですから、改良され続けて現在になっているのですが、今後ももっと治水対策を考えていかなきゃいけないかもですね。

なにはともあれ、被害にあった人たちの生活が早く戻ると良いですよねぇ(・。・)