2015/08/21

親の責任

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

今TVで寝屋川の中学生の事件の事が伝えられています。
痛ましいことです。ご冥福を祈り、関係する皆様にお悔やみ申し上げます。

このようなことが起こる度に自分が子供だった頃を思い出します。
初めて夜、一人で外出したのは高校生になってからだった様に思います。

特にしつけの厳しい家でもなく、厳しくチェックされてわけでもなかったのですが
「夜の外出には危険が伴う」そのように親が考えていて、それをそのまま自分の考えにしていたと思います。

事件に巻き込まれた子供には「夜の外出には危険が伴う」と言う感覚がないのでしょうか?
コンビニやファミリーレストランなど深夜まで営業しているところがあって
「夜の外出には危険が伴う」と言う感価格が薄れてしまったのかもしれません。

子供が事故や事件に遭遇して一番悲しむのは親です。
親はその責任をあらためて自覚する必要が有ると感じます。

建築ネタでも菜園ネタでもありませんが再確認したいことなので書いてみました。
関連記事

コメント

非公開コメント

おはよう

自分は昔、夜遅くですがすぐ近くの自販機でジュースを買いに出たりした事あった事がします。
まぁ、距離も近いし田舎だったから変な人も居ないだろうって感じでした。

しかし、時代も変わってますからねぇ~。
親との関係がギクシャクしてると家に居たくないって気持ちはわかりますねぇ。
自分も早い所、実家暮らしから解放されて1人暮らしがしたいって思うぐらいですから。

おまけに最近の子どもは塾とかで、夜遅くまで外出してるって事が、普通化してしまっている部分もあるので、そこの考え方も今と昔の親の考え方が変わってるって言えるのかもしれないです。

親の責任なのか、それとも子どもの責任なのかってのは決めにくいでしょうね。
今後の日本の将来はどうなっていくんでしょうね(>。<)

コメント有難うございます。
将来がどうなるか?「先のことは解りません」それだけがはっきりしている事だと思います。目の前の結果を見て原因を探り改善すべきは改善する。それをしてゆくしかないのだと思います。それぞれの立場で出来るっことは異なりますが、子供の考えや行動の多くは親の考えや行動に強い影響を受けているのは間違いないことです。