2015/02/01

設計士の実力 その1

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

ご無沙汰しています(^^ゞ
今日も北風が吹いて農作業は中止。
菜園もこのところほとんどご無沙汰です。

その間、間取り作りがいくつかありました。

その中にはハウスメーカーや工務店からの提案に満足できないのでどうすれば良いかという
セカンドオピニオンを求めるものが少なくありません。

「設計士」さんと打ち合わせして作ってもらった間取りです。
と言って提示されたものには、お世辞にもプロが作ったとは言いがたいものがあります。

設計を学び始めて1~2年の学生さんの図面の不備には共通したものがあります。
1、階段が納まっていない
 階段の段数が足りなかったり、寸法が足りなかったり
 1階と2階でくいちがっていたり、要は階段が理解できていないのです。
2、部屋の大きさ・位置が変
 やたらと大きな玄関であったりやたらと小さな寝室であったり
 室の大きさが理解できていない。
3、建物の向きが変
 北道路用の標準設計を東道路に当てはめるなど
 日照など環境に対しての理解が無い
そのような初歩的なミスが学生さんの図面でなく
「設計士」の名の下になされているのを見るとぞっとします。

「設計士」と言う資格はありません。
建築に関しての国家資格は「建築士」です。
中には運だけで合格した人も居なくはありません。
中には住宅設計の経験の少ない人も居ます。
それでもそれなりの関門を抜けてきた有資格者です。

絶対的なものでは有りませんが一つの目安に考えていただいて
家づくりに役立ててください。

なお「建築士」の詐称も無いわけではありません。

以下ミサワホームのサイトからの引用です。


2012年9月4日

元社員の一級建築士の詐称問題につきまして

本日、国土交通省ならびに神奈川県の公表の通り、神奈川県内の
弊社建築士事務所に在籍していた元社員(平成24年8月懲戒解雇)
による一級建築士資格の詐称により、建築主様をはじめ各行政庁並
びに関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けしたことにつき、
深くお詫び申し上げます。(以下省略)

大切な住まいです。納得いくまで検討して後悔の無い家づくりにしたいものです。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

設計士という国家資格は無い!?
これは勉強になりました。
詐称ではありませんけれど、
行政書士の資格を持つ人でなければ
できない仕事を、
行政書士資格を持たない人が行っている、
という話は聞きます。

無口な草食系行政書士様
コメント有難うございます。
数年前、積水ハウスで会社ぐるみで無資格者を建築士と偽っていたと言う話がありました。
大手でも信じられないようなことをするものです。
悲しいことですが士業の偽称は尽きません。