2015/01/17

建物の見せ方 その2

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

建物の見せ方その1に続いてその2です。
その1では斜めから見せると奥行き間のある見え方になるというお話でした。
今回は正面から見せる建物のお話です。

世界で最も美しい建物の一つタージ・マハルです。

タジマハール

ため息が出るほど美しいですね。
「建物は斜めから見せる」なんて寝言みたいですね。

この建物を見てもう一つの言葉群が出てきます。
近寄りがたい、崇高な、壮麗な、、、という言葉たちです。

それもそのはず建物の用途が「霊廟」でそれに見合った建物だからです。

お寺や神社、教会など宗教的シンボルになる建物。
国会議事堂、最高裁判所など権力の象徴となる建物。

これらのものはデザインに「象徴」という機能を持たせることが要求されます。

住宅の場合は住みやすさを表現した優しい表情の建物にしたいと思います。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

日帰りでタ―ジマハルから
帰ってきて投稿するのは
さすがです。
それとも、
タージマハルから投稿ですか?
屋根が球形なので、
積雪の心配はなさそうです。

無口な草食系行政書士様
いつもコメント有難うございます。
さすがにインドは遠かったです。
やっと返信できるところまでかえってきました。(うそです)
だんだんフィクションの世界に入り込みそうですね。
楽しくやって行きましょう。