2014/10/21

サツマイモの収穫(ベニハルカ)2014その2

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

昨日掘ったサツマイモはベニハルカです。
晩成種で保存用に良いとのことです。
蔓を刈っているときに気づいたのですが
蔓の切断面から出る乳白色のヤニ(アク?)がベニアズマよりも多いようです。

001_640_20141021153055034.jpg

ズボンやシャツに付いてしまったので
落とし方をネットで調べるとガソリンが良いとの事。
ちょっと面倒なのでガソリンは避けて
ベンジンとアルコールと超アルカリ水の「激落ち君」を試してみました。
実験結果はアルコールが一番良く落ちました。
「激落ち君」は茶色のしみが緑に変って
理科の実験のようでした。

このヤニはヤラピンという樹脂で「gooヘルスケア」によると
「胃の粘膜を保護したり、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進し便をやわらかくする
緩下( かんげ)作用があり、健康食品などにも用いられている。」そうです。

サツマイモの中でもベニハルカはヤラピンを多く含んでいる種類のようです。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント