2014/08/23

広島土砂災害に思う その2

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

広島の土砂災害のニュースで
「土砂災害指定区域」を指定する作業が住民の反対で出来ない
と言うことでした。

その指定を受けると
土地に関しての権利が制限され土地の値段が下る。
というのが住民の反対の根拠です。

実際に大きな被害が出たところにしか指定ができないとしたら
この法律に期待した災害の予防効果はありません。

土地に関しての権利を無制限に主張する
市民の意識のあり方に疑問を持ちます。

しかし市民の側だけせめるわけには行きません。
その原因が異常に高い日本の土地の値段だからです。
一生ローンを払い続けなければならない土地です、
権利を制限されるとなれば反対するのが道理です。

この土地本位制とまで言われる土地価格に関して
有効な手立てをしてこなかった政治に関して
疑問を持つ必要が有ります。

政治的に偏った考え方をするわけではありませんが
日本の国民が土地に関しては賢い物の考え方が出来ないのは
そのように誘導されてきたからだと考えるのは間違っているでしょうか?

「庭付きの一軒家を持つのが一生の夢」というのは
本当に国民全員が持つべき夢なのでしょうか?
ビールのCMを見ると酒を飲まない人間でもちょっとのんでみたくなります。
そのように人間の夢は誘導されやすいものだと気づく必要があります。

「庭付きの一軒家を持つ」よりも
都市の集合住宅に住んだ方が豊かに暮らせる状況の人も多いはずです。
誘導された夢でなく合理的に考えた夢を持つこと
が大切だと思います。

土地所有者にとって有利な施策をとり続けること
土地をビジネスの対象にすることが錬金術的に
莫大な利益をもたらしてきたことなど
良く考えて修正する必要が有ると考えます。
関連記事

コメント

非公開コメント