2011/11/21

家づくりコンサルタントの雑記帳

家づくりコンサルタントの雑記帳と言うブログに
”新居でどのような暮らしをしたいのかが見えてくると、
自ずとどんな場所で、どのような家が必要なのかが見えてきます。”
と言うフレーズがでてきました。

なかなか深い言葉ですね
なんとなく住宅展示場に行って
営業さんのトークに載せられて
いつの間にか契約していた
と言うような話がある中

このような話をしてくれる
コンサルタントさんに出会えると
幸せになれそうですね
そして間取を言う前に
どんな暮らしをしたいか
どんな家庭生活をしたいか
どんな人間関係を作りたいか
についてゆっくり夫婦で又は家族で
話し合って進めて行きたいものですね

この段階で話をしておくと
家作りが進んでいって様々な決断を迫られたときに
ぶれないで結論をだすことが出来ると思います
関連記事

コメント

非公開コメント

ご紹介ありがとうございます

こんにちは、『家づくりコンサルタントの雑記帳』のKUSANOです。
ご紹介いただきありがとうございます!

家づくりというと、構造工法や設備など、ハード面に目が行きがちですが、
何より大事なのは「何のために家を建てるのか」
というソフト面ですよね。

貴ブログも、「こんな暮らしがしたい」という想いに応えて頑張ってください!

こんにちは!

なるほどー本当に深いですね。

マイホームは手段であって目的ではない、ってことですよね。

家族が幸せになるための家を築けるように頑張ろうってこの記事読んで思いました!

今も『家づくりコンサルタントの雑記帳』を
読んで戻ってきたところです
ものすごい量の記事で
多方面にわたっているので
大変勉強になります

>家族が幸せになるための家を築けるように
頑張ろうってこの記事読んで思いました!

まさしくその思いが良い家を作る基本なんでしょうね

沢山の方が気づいてよい家を作ってほしいですね

 作造さん、私のブログにアドバイスありがとうございました。
(返事を書く前に削除されてしまったみたいですが、)
 でも、アドバイスのお陰で、住まいの水先案内人や家づくりコンサルタントの雑記帳といった以前から愛読していたブログが現在、登録されているカテゴリを知ることができました。
 いずれのブログも私が「一戸建て注文住宅」をメインにしていた頃、同じカテゴリで活躍されていたブログです。
 住まいの水先案内人のHPでは旧ブログに「ただいま建築中」でリンクしていただきましたし、kusanoさんからは記事で紹介していただいたこともあります。
 両ブログともカテゴリに(施主)という縛りがついてから、どちらのカテゴリへ移転されたのか分からずにいたところでした。

 「住まいの豆知識」、私も考えてみます。

 → http://kokkoie.blog.fc2.com/