2014/09/12

ゾーニングの悪い家(1)

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

間取り作りのプロセス(1)に書いたゾーニングについて書いてみます。

ゾーニングの重要性は悪い例を見ると直ぐにわかります。

ハウスメーカーから提案された間取りだそうです。

170808知恵0

上が北です。
LDKの南側に玄関とホールが(涙)
かろうじてリビングには日照がありますが
ダイニングとキッチンは窓のない部屋です。

これに対してセカンドオピニオンで提案したのが
これです。

170808知恵2


玄関と水周りを北に移動しました。
何の変哲もない南側にLDKを取った間取りです。
この間取りで決定になりました。
もう少しのところで昼間から電灯を点けておかなければならない
家に住むことになるところでした。

当たり前のことですがLDKには日照が必要です。

同じように部屋が並んでいてもその位置関係を
間違えてしまうと悲惨な結果になります。

このようなことがないように、、、、
ハウスメーカーの方も、もう少しだけ親身になって
考えていただきたいと思います。

お客様の資産であるだけではなく
人類の大事なストックに成る物ですから。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

こんにちは

自分は間取りの事はさっぱりですが、手を加えたりするのは大変そうですねぇ~。

よしお様
コメント有難うございます。
打ち合わせで「図面では分からない」と言う言葉を良く言われました。
そんな時には模型などで説明しますが
なかなか分かってもらえません。
分からないままにOKして泣きを見るのは住まい手です。
納得できるまで確認してほしいと思います。