2014/08/04

間取り作りのプロセス(1)

こんにちは間取りづくり、間取りのセカンドオピニオンの間取作造です。

久々の住宅ネタです。
間取り作りの作業をしていながら
これをブログに書くとプライバシーの問題が、、、とか、とか
色々考えてしまうと間取り作りをネタにできないことが多く
ブログの更新が出来ないでいたりします。

今後は書いて1ヵ月後に読み返して
問題ないようであればUPする
という方法を取ろうと思い間取り作りネタを書こうと思います。


間取り作りにはいくつかの段階があります。
第一段階は条件の把握
敷地条件の把握(敷地の大きさ、道路の位置、方位、法的条件など)
設計条件の把握(必要な部屋数、大きさ、駐車台数など)
様々な希望の把握(リビング階段にしたいとか吹き抜けがほしいとか
             超ローコストでとか)

次にゾーニング=大まかな目鼻立ちを構成する作業。
方位、作業動線などを考慮して
駐車場の位置、LDK、水周り、玄関、寝室、階段、庭などの位置を
大まかに設定します。

まとめ
キッチン、浴室、収納など詳細に詰めて行きます。

この3つの段階を何度も何度も推敲して提案する間取りが出来ます。
ほとんどの場合提案する案の他に何案かの間取りができています。
その中から最もふさわしいと思うものを第一案として提案します。

関連記事

コメント

非公開コメント