2014/03/01

バチツル

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

北側隣地の菜園は表土が10cm位しか有りません。
それも15cm位の所からは砂岩です。

田んぼを埋め立てて出来た分譲地です。
3年前の地震の時には震度6弱の揺れでしたが
流動化現象もなくきちんと造成されたのだと思います。

しかしながら菜園としては厳しいものが有ります。

スコップで掘っても15cm止まり。
普通の鍬よりも厚手の唐鍬でもなかなか掘り進められません。
家庭菜園にこれは、、、と思いましたが
美味しい野菜を食べるためです
エイヤッと買いました。

バチツルというのだそうです。

008_20140227171444656.jpg

ツルハシの片方の先端が三味線のバチのようになっているから
この名前になったそうです。

2.5kgの重さが有るのでこれで掘れば
砂岩も掘り進められると思います。
45cm位までふかふかの土にしたいものだと思います。

バチツルを手にしたとたんに強くなったような気がして
面白いものだと感じました。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

つるはし?

こちらでは
「つるはし」
と呼ばれている
物かなと思います。
冬に路上の氷を砕く時に
使います。
スコップで砕けないような氷を
「つるはし」で砕くのです。
私は使わないのですが、
冬に使っている人をよく見ます。

無口な草食系行政書士様
コメント有難うございます。
ツルハシにはいくつかの種類が有って
そのひとつがバチツルだそうです。

路上の氷を砕くとは、、、
所変われば品変わるですね。