2011/09/24

家庭菜園に何を作るか(その1)

家庭菜園に作る作物のお勧めです

ナッパは一年中食べたいと思います
おひたしにしたりうどんに載せたり
食卓を豊かにしてくれます
かといってスーパーで値段を見ると
この次にしようと思ってしまいます

そんな時にはノラボウ菜、クウシンサイ、春菊等が
菜園にあると便利です
どのナッパも腋芽を摘んで食べられるタイプです
一回種まきすれば長い間食べられると言うのは
菜園を管理する時間をとるのが大変なかた向きです

ノラボウ菜というのは余り知られていませんが
菜の花と同じようなものと思えば大きな違いはありません
秋に播いて年を越してトウがたってその腋芽を収穫します
青物が少ない時期に長い期間食べられるありがたい
ナッパです

クウシンサイ
ぬるぬるがある夏野菜です
明日葉やモロヘイヤよりも癖がありません
3本もあれば毎日のように食べられます

春菊も腋芽を食べれば長い期間食べられます
沢山播いて普通に株をとって食べそのうちの何本かを残して
トウ立てさせて腋芽を収穫します

関連記事

コメント

非公開コメント

のらぼう菜 ぐぐってみました(笑)
静岡県東部 富士宮周辺では「かき菜」と呼ばれているようです。たま~に見ます。
青物の少ない時期に
食べれるのはうれしいですね(笑)

手打ちそば蕎友館 井出明久様
コメントありがとうございました
『教育よりも先ず きちんとした食べ物が大切』
と教師への道から食の道へと進んだ
出井さんならではのコメント

最近思うのは
手作りで美味しい物を毎日食べて生きてゆく
人生にそれ以上のものはなく
今の自分ではないほかの何かになろうとすること
いわゆる努力して成功することなど
余り意味がないのではないか
そんなふうに思えます
 

『今の自分ではないほかの何かになろうとすること いわゆる努力して成功することなど
余り意味がないのではないか』

自分らしく自分を見失わず成功!
が理想なんでしょうが・・・
大企業の社長さんの自伝的書籍を見ると~
なかなかそうもいかない部分もあるようで
むずかしいですね~(笑)
会社は生き物ですもんね~(笑)

私が教員の道をやめて食の道へ入ったのは
現在の食べ物をほとんど完全否定しているからです。
まともな食べ物が数%ぐらいしかないのか?そんな風に思える時代に育つ子供達が

学級崩壊 学校崩壊 キレる子供
モンスターなんとか 話を聞けない
など

当然そうなるわな~しかたがない・・・

じゃあ自分で作ればいい!一人でも多くの子供に食べておいてもらいたい(笑)
単純バカです(笑)

もちろん会社員さんもそういうものを食べて生活できれば~会社が良くなる~
大きく考えれば 社会が良くなる(笑)
そんな風に考えてます。
行うは難しですが~(爆)

P.S.この単純バカのところへ嫁に来た
若女将も元教員なんです(笑)
単純バカコンビ!これからもよろしくお願いいたしま~す(笑)

手打ちそば蕎友館 井出明久様
コメントありがとうございます

「自分らしく自分を見失わず成功!
が理想なんでしょうが・・・ 」
その通りですね。自分らしく好奇心と
学ぶ快感を満たしてゆく中で東大に
合格してしまったり(笑)
人に喜んでいただく喜びのままに
仕事をしているうちに誰かに認められたり(笑)
先に自分を喜ばせることがあって
その先に社会から認められたりそうではなかったり
あくまでも社会に認められるのは
二の次で、、、というような感じでしょうか

「じゃあ自分で作ればいい!一人でも多くの子供に食べておいてもらいたい」
なるほど、、、そこで手打ちそばというところが良いですね
子供が余り行きたがらないし、手打ち蕎麦屋の
有名店ではペットと子供はお断りというところが
あるとかないとか

「現在の食べ物をほとんど完全否定しているからです。」この辺のことを深く突っ込んでみたいですね。
次回のコメントを楽しみにしたいと思います。