2014/01/26

天地返しその2

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

冬場の農作業「天地返し」その2です。
前回の天地返しでは
1、表土の黒土10cm~15cmを剥がし
2、表土の下の粘土層を30cmほど掘り取り
3、粘土層を剥がした穴に1で出た表土を入れました

と言う所まででした。


今回は表土を入れた部分とその下の
有機質の無い粘土層に堆肥を鋤きこむ作業です。

まず表面を均しながら
下の層にスコップを突き刺して柔らかくして
時々出くわす硬い粘土の塊を取り除きます。

次は堆肥入れ
40リットル入りの完熟牛糞堆肥を8袋用意しました。
均等になるように袋の段階で配置しておきます。

004_20140125194217e44.jpg

その堆肥を均等にばら撒きます。

005_201401251942212ee.jpg

耕運機(管理機)で上下の層と堆肥を混ぜ合わせながら
耕します。

006_201401251942252cf.jpg

これから植えるジャガイモの豊作と
その後の畑の豊作を楽しみに汗を流しました。

後数日は心地よい筋肉痛が楽しめそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

私もこの時期は
スコップを使います。
ただし、
雪かきで。

今年は去年より雪が少ないので、
あまりスコップの出番はありません。
天地返し作業で筋肉痛の
倍返しに注意ですね。

無口な草食系行政書士様
コメント有難うございます。
筋トレでジムに通っていたことが有ります。
筋肉痛は筋肉を過再生する時に避けて通れないもの
と言う経験が有りますので筋肉痛ウェルカムです。
元気に生きるためには筋肉を鍛える必要が有ります。
認知症予防にもなる様です。