2013/12/09

腰痛解消体操

師走に入って菜園その他の草引きが主要な作業と成っております。
三角ホーで延々と草を掻いて行きます。

腰を曲げた状態で長く居ますので
腰の筋肉の緊張が解けない状態になります。


腰痛症になってしまう前に緊張を解いておきます。
方法は操体法です。
聞きなれない名前かもしれませんが
医師の橋本敬三先生が戦後から広めた治療法です。

体の痛みやコリを体を動かして取り除いて行きます。
基本は動かして痛い動きとは逆に痛くない方向に動かして
筋肉のコリを緩めます。

私のやっている腰痛解消方法をご紹介いたします。

1、かかと伸ばし
仰向けに寝て右足、次に左足のかかとを
向こう側に押し出すように動かします。
やってみてやり易いほうのかかとをグーッと
5~6回伸ばします。

操体法1

2、膝倒し
次は立膝にして両膝をそろえて
右に倒します、次は左。
これもやりやすい方向に5~6回倒します。

操体法2

3、膝の内転
立膝の状態から少し足を開いて
片足は動かさないで反対側の足を内側に倒します。
これも左右やってみて、やり易い方を5~6回
操体法3

4、腰伸ばし
最後は腹ばいになって肘を床に付けて
上体を立てるようにします。
腰に痛みがこない範囲で伸ばします。
操体法4

農作業が終わってクワの土を落としてメンテナンスするように
腰の張りも軽く落としておくと大きなトラブルにはなりません。

替えの効かない体です、小まめにメンテナンスして
良い状態で居たいものです。
関連記事

コメント

非公開コメント

こんにちは
大変ご無沙汰しております。

私も教えていただいた“操体法”を時折使わせていただいております。
なかなか年を重ねると痛いところだらけになって行きます。さらに、ここのところの寒さは追い討ちをかけるようで・・・

忙しさにかまけ、自分の体の養生ができないのはサラリーマンのいいわけでしょうか・・・(笑)

Hakkey様
コメント有難うございます。

忙しくしているとどうしても疲れをためてしまいがちですね。
我慢強くない私はちょっとの違和感でも怖くなってしまうので
頻繁に修正しています。

病院や治療院に払うお代もバカになりませんし
「医者に払うより美味しいものを食べたほうが良い」
と思ってしまいます(^^ゞ

こんにちは

やっぱり人間、体が大事ですからね。
腰の部分でさえ支障が出ると大変ですからねぇ。
維持するのも大変でしょうね(・。・)
健康でずっといたいものですよね(´・ω・`)

よしお様
コメント有難うございます。

体を壊して辛い思いをするのは
自分ひとりでなく
周りの人も巻き込んでしまいます。
しっかり自己管理していきたいものですね。

トラックバック

エコルナ | 消費者詐欺被害センター

消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を!