2013/10/30

花に囲まれた生活

花に囲まれた生活にあこがれて
九十九里地方に引っ越してきました。

今まさに花に囲まれています。
隣の空き地越しの我が家
黄色い花の海の向こうのとんがり屋根。
おとぎの国のようですね。

015.jpg


その美しい花の名は”セイタカアワダチソウ”
別名”ブタクサ”


アレルギーのある方は次の写真は見ないで下さい。(^^ゞ


引っ越して来た秋に相方が
「ワー綺麗な花が咲いたね!」と大喜び
「・・・・」と聞こえなかった事に。

011_201310300944473f3.jpg

しばらくすると
知らなくても良いことを知ってしまったようです。
アレルギー反応の検査ではブタクサは(-)でした
良かった。

それでも花粉が目に入るとシバシバした感じになります
これが(+)だったらどうなるのだろうか?
考えるのはやめにしましょう。



っとここまで書いて調べてみました。
違う?!
ブタクサとセイタカアワダチソウとは違うものでした。

隣地の花はセイタカアワダチソウで
花粉症の原因となるブタクサとは別物だそうです。

お騒がせいたしました。(^^ゞ
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

三角屋根なんですね。
こちらでは、三角屋根だと、
屋根に積もった雪が落ちてきます。
その落ちてきた雪を片付けます。
それが面倒な方は、三角屋根でなく、
平らな屋根にして家を建てます。
平らな屋根であれば、屋根の上の雪が
落ちてこないからです。
最近は三角屋根が減ってきたように
感じます。
ただ、雪が多いと、平らな屋根の場合は、
家の中の戸の閉まり具合が悪くなるという話も
聞きます。

無口な草食系行政書士@青森様
コメント有難うございます。

雪が多い地方の家は独特の配慮が必要ですね。
住宅では有りませんが、函館と安曇野の物件の経験が有ります。
フリープランニングでも雪国の間取り作りが有りました。
南側にバルコニーを付けましたら。雪が吹き込んで
漏水の原因になるということで設計変更になりました。