2013/05/18

鬼泪山ハイキング

「新房総山を歩く会」の「鬼泪山(きなだやま)ハイキング」に行ってきました。
鬼泪山はご存知でなくても「マザー牧場」はご存知の方はいらっしゃると思います。

でも、マザー牧場に行ったのではなく
鬼泪山に隣接する国有林から眺望を楽しむと言う企画でした。

国有林は主に杉を栽培していますが
一部自然の植生が残っている部分も有ります。
森林管理のための林道ハイキングがメインでしたが
例によって所々道なき道を突き進む”藪コキ”も有り
沢を渡る難所も有り
ちょっとしたスリルを味わう事もできました。
001_20130518211805.jpg

竹林は体幅60cm以上の方は通れないような場所も有りました。

002_20130518211837.jpg

鬼泪山神社で休憩。

003_20130518211908.jpg

参道らしい杉並木も。

004_20130518211941.jpg

そして鬼泪山を眺めながらの昼食。
右の杉の木に掛かっているのが「マザー牧場」です。

天気が良く暑くも寒くも無く時折爽やかな風。
素晴らしい山行でした。

ルート開発や国有林管理事務所への許可申請などの
労を取ってくれた皆さんに感謝。
関連記事

コメント

非公開コメント

こんにちは

ハイキングって道のりが長そうで疲れそうですよね。
うわ~。体幅が60センチ以上の人が通れない所を通ったってかなり大変だな(・。・)
つまったりしたら怖そうだな(^。^;)

竹林の写真は
本当にハイキングコースですか(笑)。
天候に恵まれたようで
なによりです。
写真を見ますと参加者の人数は
結構多いように感じます。

よしお様
いつもコメント有難うございます。

>つまったりしたら怖そうだな(^。^;)

リュックサックが引っかかって驚きました。
無理やり抜け出しました。

森の空気の中を歩くので
爽やかで楽しいものですから
あまり疲れたと言う感じはありません。

無口な草食系行政書士@青森様

いつもコメント有難うございます。

新房総山を歩く会は一般的なハイキングコースではなく
古道だったところを石碑などから探し出して歩いたり
消え行く文化に思いを寄せるように
独自のルートを開発して楽しむところがあります。