2013/05/12

十枝の森を守る会に入会しました

十枝の森」は引っ越してきた当初から
惹かれるものが有ったのですが
これまでご縁が有りませんでした。

訪ねて行って「十枝の森」という魅力的な名前は
十枝氏の住まいの屋敷林と言う事を初めて知りました。

003_20130512204238.jpg

十枝雄三氏は昭和8年から福岡村(現大網白里市)の村長を勤め
後に千葉県会議員や郡の要職を勤めた方です。
旱魃や洪水に苦しんでいる状況を改善するため
利根川から取水して一宮まで上総、下総を縦断する
両総用水の実現に尽力した方です。

「十枝の森を守る会」は十枝氏とその子孫が大事にしてきた
屋敷林を維持管理するボランティアグループです。

今日は、会の日常的な活動とは別に
会が主催する樹林管理の実技講習会の第一回目でした。
定年後の方を中心に20人ほどの方が集まりました。

前半は十枝氏が京都から持ち帰ったもみじの木に囲まれた小さな広場で
ガイダンスと講義が有りました。

004_20130512204309.jpg

しばらく人手が入っていなかったために荒れてしまった樹林は
ここ数年の会の活動で少しずつ改善されてはいるものの
十枝氏の抱いた理想の姿には程遠いものがあるようです。
氏の植えた樹と自然に生えてしまった木を区別して
整備してゆくためには高度な知識と想像力が必要です。

後半は実際に樹林を整備してゆくために必要な
チェンソーと草刈機を操作する実技です。

002_20130512204205.jpg

草刈機はこの当たりで生活するには必需品で
日ごろ使っています。
チェンソーは必要ないのと、ちょっと恐ろしげなので
敬遠していました。
初めて丸太を切ってみて感じたのは
指導通りに扱えば力も要らない
安全で便利な道具だということでした。

これから毎月2回の活動に積極的に参加して行きます。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

こんばんは。

このような活動に参加して、道具類の安全な
使い方を覚えるのはよいことですね。
やはり専門家について習うことがベストでしょう。

ノリじいさん様
コメント有難うございます。
ボランティアで屋敷林整備の手伝いのつもりでしたが
道具の使い方も覚えることが出来
ありがたいです。

森に住むご高齢なご婦人に驚き、姿勢に感心しました。
近くでこう言ったことに参加できるとは良いですね。
怪我に気を付けて下さいね。

相子様
コメント有難うございます。
返信遅くなってゴメンナサイ。

リンク先もごらんいただいてありがとうございます。
あんな所といっては何ですが、森の中に高齢の女性が一人住まい
さぞかし大変だと思います。
生まれ育った所だから出来る事でしょうね。

>怪我に気を付けて下さいね。
有難うございます。

想像力が必要・・・

十枝氏の気持ちになるということでしょうか?
なんだか凄いな~と思いました。

チェーンソーはちょっと怖いイメージがあります。
しかし使い方をしっかり守り知っていけば、
「安全で便利な道具」なんですね。
こちらも勉強になりました。^^

くるぶし様
コメント有難うございます。

>十枝氏の気持ちになるということでしょうか?
>なんだか凄いな~と思いました。

ピンポーン正解です。
ただの林や公園でなく十枝氏が残した森なので
十枝氏の考えでまとめるのが当然だと思います。

大きいですけれど住宅の外構ですから建築士の守備範囲です。
ストーリーだてた演出を読み取り
それに見合った形に作り込んで行きたいと思います。

>チェーンソーはちょっと怖いイメージがあります。

ホラー映画のワンシーンを思い出したりして(笑)