2013/04/14

睦沢町-長南町郡界尾根山行

新房総の山を歩く会の四月の定例山行に行ってきました。
約6km約5時間の行程です。

タイトルは「睦沢町-長南町郡界尾根山行」
南房総の山岳部(丘陵?)の景色はおおむね
下の写真のようです。
006_20130413201750.jpg

比較的新しく隆起して陸になった海底が
侵食されて出来たなだらかな山と
複雑に入り組んだ谷から成っています。

低いけれど生活圏を分ける山の尾根
そこが町の境となり
また生活を繋ぐ道路でも有りました。

町の境の杭が点々と置かれています。
右側が睦沢町左側が長南町です。
009_20130413201924.jpg

生活道路はすでに使われなくなって久しいために
竹や笹や木が茂ってそこに道が有った事を想像するのが
難しい状態です。
しかし所々に在る道祖神や庚申塚そして
部落で祭った祠などがかつての人の営みを
今に伝えています。
005_20130413201718.jpg

サブタイトルの「山桜を見ながら」は
010.jpg
かすかに散り残った花びらと淡い色の若葉が
味わい深く輝いていました。

リーダーのKFさんに
「下見はどれ位したのですか?」と言う問いに
「昨年の11月から最低週一回来て道の位置を確認して、
竹や笹や木を切ってみんなが歩ける様にしました」という
とんでもなく大変な事をさらりと、、、

その情熱に驚くと共に強く共感するものが有って
この次の準備の時に参加させてもらう事を
お願いしました。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

11月から毎週!
それはすごいですね。
しかも、すごい人ほど偉ぶったりしないところが本当に素晴らしいですねー。
そして間取さんもすごい人の1人なのですね( *´艸`)

翠様
コメント有難うございます。

>11月から毎週!それはすごいですね。
>しかも、すごい人ほど偉ぶったりしないところが本当に素晴らしいですねー。
>そして間取さんもすごい人の1人なのですね。

お褒めに預かり恐縮いたしております。

今回切り開いた道も数年するとほとんど痕跡も無くなるでしょう。

歴史に何も残すことが無かった人々の営みの
かすかな名残に愛着を持っているのは
自分自身が彼らと同じ何も残す事のない
そんな存在である事を感じているからかも知れません。

こんばんは。

とてもよい“歩く会”に参加されましたね。
間取さんの素敵な説明もあって内容が感じられる
山行で、このような会なら参加したくなりますよ。
ちょっと遠いので残念です。

ノリじいさん様
コメント有難うございます。

>とてもよい“歩く会”に参加されましたね。
>間取さんの素敵な説明もあって内容が感じられる
>山行で、このような会なら参加したくなりますよ。

昭和52年に福田良先生が始めた「房総の山を歩く会」が
平成10年に先生が亡くなっられて解散しました。
その後会の有志ではじめたのが「新房総の山を歩く会」です。
ただ山を歩くのではなく歴史や文化に焦点を当てているところが特色です。
未だ3回しか参加していませんがとても社会性の高い方ばかりで
何のストレスも無くお付き合いさせていただいております。

>ちょっと遠いので残念です。

お宅の近くにも気持ちのいいグループがあるといいですね。

山歩きは色々な発見があって、
ドキドキしながら、それでいて心穏やかな面もあり
大好きです。

房総の山はある程度気軽に楽しめるのが嬉しいですよね。
私はそれ以上は無理です…^^;

道を手入れする方のご苦労、初めて知りました。
地道で大変で、だけど楽しいのかもしれませんね!

くるぶし様
コメント有難うございます。

>山歩きは色々な発見があって、
>ドキドキしながら、それでいて心穏やかな面もあり
>大好きです。


若い頃にはこの良さが解らないでいました。

>房総の山はある程度気軽に楽しめるのが嬉しいですよね。
>私はそれ以上は無理です…^^;

千葉県で一番高い山は標高460mだったと思います。
迷子になって救援を頼んでも自分で降りてきなさいっていられるとか、、、

>道を手入れする方のご苦労、初めて知りました。
>地道で大変で、だけど楽しいのかもしれませんね!

夏場はスズメバチが出るので11月からやるのだそうです。
やってみて報告しますね。