2013/03/21

みょうがの植え付け

今日のお昼は鯖のムニエル。
サイドメニューにみょうがの酢漬けをいただきました。
薄いピンクが美しく酢漬けにしておけば半年以上持つのですね。

そういえば昨年はみょうがが不作でした。
雨が少なく枯れ初めたのに気付いて水遣りしても駄目でした。
狭い敷地の中で幅50cmほどの所に過密に植えたのも一因
と考えていました。

先日根っこまで枯れてしまっていないか掘ってみた所
しっかりとした根が縦横に走っていました。

過密の解消をしておかないと今年も危ないかも、、、と気付いて。
過密を解消するために部分移植をすることにしました。

005.jpg

上の写真が掘り上げたところです。
穴の横に有るのですが良く見えませんね。(笑)

広い菜園に畝を2つ作って堆肥を入れて一列に並べた様子が
下の写真ですが、もっとわかりにくいですね。

007.jpg

家の陰で半日は日陰になっているような場所ですが
きっと立派なみょうが畑になってくれると思います。
今年はみょうがのてんぷらが沢山食べれれると
今から楽しみです。
関連記事

コメント

非公開コメント

今日は
茗荷って少し日陰に植わっているのが目に浮かびます。湿っている土地が良いのでしょうか。
夏はソーメンに欠かせません。大好きです。

相子様
こんにちは
コメント有難うございます。
そうそうソーメンには欠かせませんね。
夏の味ですね。

明治時代の農業の本にはミョウガの栽培の適地は
「やや湿潤な蔭地」と有りますのでそれなりの
工夫が必要ですね。
菜園の水持ちが悪いので対策をしなければなりません。
昨年のようなことが無いようにしたいと思います。