2013/01/24

たかが間取り

私の口から言うのも何ですが
ある時点では自分の夢を「たかが間取り」と突き放して見る
そんな事が必要な時もあります。

間取り作りをやっていると
家族の間で意見が食い違う事が沢山有ります。
いえ、私が関わった全てのご家庭で有りました。


夫婦とはいえ育ってきた環境が違っているので
好きなものも嫌いなものも違って当然です。

そしてまだ見ぬ我が家に求めるものが違うのも当然です。
ご夫婦おそろいで両方のお話が聞ける形で打ち合わせが進められると
両方のご意見をお聞きしながら
夫婦喧嘩の仲裁役も勤めながら進められるメリットがあります。
しかし、それでもなかなか皆さんが満足行くようにはできません。


そんな時には
「たかが間取り家族の絆の方が大事」とつぶやいてみる事を
お勧めします。

3.11の津波で家や家族を流された事を思うと
大切な家族がいてくれて一緒に住む新居を作ろうというのですから
それだけで幸せな事なんです。

うっとおしいオヤジですね~我ながら(^^ゞ


「たかが間取り家族の絆の方が大事」とつぶやいて
ゆっくりとパートナーの気持ちに寄り添ってみると
同じ景色が見えてくるかもしれません。

一緒にモデルハウスや雑誌を見て
パートナーの好みを確認して
その中に自分の好きな部分を探すようにしていけば
共通の夢にたどり着けると思います。


一度角突き合わせてみて
また寄り添ってみることが
きっとこれからの人生を一緒に歩んでゆくために
必要な重要な経験になると思います。

パートナーと歩む人生からすれば間取りなど小さなこと
なのだと心から思います。
間取り作りで家族の絆を強く出来たら素晴らしい事だと思います。

そんな事に立ち会うことが出来て
フリープランニングをやってよかったと
心から思っております。
関連記事

コメント

非公開コメント

こんにちは

家作りの中で間取りは大事だと思います。
その中で主婦が家の中で動きやすい動線が一番だと思います。
我家も13年前に新築したのですが
男の人(大工さん、主人)と意見が食い違いましたが
主婦の目から私の意見を尊重して貰ったのが今は正解だったと思っています。
でも、三度家を建てて満足と言われる様に
もう少しこうしておけばと思う所が多々ありますけど
でも、90%満足しています^^

reimi01様
コメントありがとうございます。

>男の人(大工さん、主人)と意見が食い違いましたが
>主婦の目から私の意見を尊重して貰ったのが今は正解だったと思っています。

家に対する要求は家事をしている人はしていない人より
具体的で切実です。
その切実な思いを理解してもらえたのが成功ですね。
ご主人に感謝して大事になさってくださいね。

新築での間取りならいろいろと考えられるだろうけれど、中古だとリフォーム時に(お金もあまりかけられないから)ある程度妥協しながらの間取りを組んだ経験があります。
その時も男性より女性の意見を通してくれる現場さんがありがたかったですよ♪
リフォーム後は狭いながらも楽しい我が家ですけどね(^0^)

みぃ様
コメント有難うございます

>男性より女性の意見を通してくれる現場さんがありがたかったですよ♪

男性より女性のほうが家事に関わったり子育てのために
家に居る時間が長かったりで

家とのかかわりが強い事が多いです。

平均年齢から見ても、、、