2013/01/23

触らぬ神にたたり無し その2

さみぞーさんの住まい作りを「易経」に基づいて
占ってみました。

なんと「風雷益」の二爻と出ました。

風雷益=ビッグチャンス到来の時
二爻=いつまでも貞正を守れば吉
住まい作りを始めるには最高です。



しかし、易経は吉凶を言うだけではなく
いつまでも貞正を守れば吉というように
生き方についての注文をつけてきます。

貞正というのは、真面目に不正を行わない
といった所でしょうか。

「真面目に一生懸命やれば上手く行く」これはほ
とんどの人が当たり前に肯定できる事ですね。

ちゃんとやれば結果が出るという一言をつけることで
占いのはずれがなくなります。
上手く行かなかったら努力が足りなかったから
という逃げ道が用意されたわけです。





あの心理学者のC.G.ユングが「易経」の翻訳本
を読んで易にこっていたそうです。
シンクロニシティ(有意の偶然の一致)の概念を生み出したのも
易の経験によるものだと思われます。

易に示された事とこれから起こってくる事象とが
有意に偶然に一致する事が続いたとすれば
因果律ではない仕組みがあると考えても不思議は有りません。



実験してみたら面白い事が起こりました
数字を先に決めておいた「ロト6」を
A売り場で買った場合と
B売り場で買った場合と占ってみたのです
なんと同じ結果が出ました。

数字を決めてある「ロト6」ですから何処で買っても
同じ結果になるという事に気づかないで占ってみたら
この結果でした。


易の卦は64有って、それぞれが1/64の確率ですから
同じ卦が出る確率は1/4096の確率です。(たぶん(^^ゞ)
ゾッとしました。
この実験からしばらく易に凝っていました。


生年月日などから運の良し悪しを決定論的に導き出すことを
正しい方法だと言う為には
その仕組みを論理的に証明してほしいと思いますが
易は因果率ではないシンクロシティを利用したものとすれば
納得できなくもないとも思っていました。



最近は易をすることは控えています。
思うような卦が出ないと不愉快だからです。
上手く行かないという卦が出るとやる気が無くなって
上手く行かない結果になります。
占いが結果を引き出す「オイデプス効果」です。


今は「触らぬ神にたたり無し」が私の当面の結論です。
関連記事

コメント

非公開コメント

間取りへのアドバイスだけにとどまらず、
占いまでしてもらってありがとうございます。

こちらの結果だと、家作りはいいタイミングってことになりますね。

いい結果だから信じて、悪い結果は聞かなかったことにする。
・・・というわけにもいかないですよねぇ。
そもそも占いの種類が違うですし・・・

とはいえ、この結果のおかげで気が楽になりました。
前向きに家作りをがんばっていけそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も間取さまの意見に賛成です。

良いと言われる時に建てても、そうじゃない時に建てても、良い事も悪い事も起きる時には起きる。

良いと言われて建てたのなら、悪い事が起きても、良いと言われたんだから大丈夫、と思い、
悪いと言われて建てたのなら、やっぱり悪いことが起きたのだ、と思うのでしょう。

今が建てる時だと施主様が思われたのなら、それが良い時であると私は考えます。
なので、後は、建てる場所や間取や任せる業者さんが最善であること、そちらの方がずっと大切なことではないでしょうか。

差し出がましいことを申し上げ、失礼いたしました。
いつも全力で親身になってくださる間取さまがついていらっしゃれば、まず問題はありませんね。

翠様
コメント有難うございます
翠様にそういっていただけると心強いです。

>差し出がましいことを申し上げ、失礼いたしました。

いいえ誰に言われるよりもありがたいです。感謝!!

>いつも全力で親身になってくださる間取さまがついていらっしゃれば、
>まず問題はありませんね。

半分は本当ですが半分は?ですね(^^ゞ
起こって来る事は起こります。

>良いと言われる時に建てても、そうじゃない時に建てても、
>良い事も悪い事も起きる時には起きる。

とおっしゃる通りですから。

人は自分の希望に沿った事を良い事と言い
そうでないことを悪い事と言います。

しかし時間がたって振り返ると一見不幸に見えた出来事のおかげで
今の自分があると思うことが沢山有ります。
悪い事と思うことが起こった時にもこのことを思い出すと
心の痛みが少なくなり、また前に進む力が出てきます。

良い事や悪い事が起こってきて初めて
人生と言うものが成り立っているのだと感じています。

さみぞー様

コメント有難うございます

>いい結果だから信じて、悪い結果は聞かなかったことにする。
>・・・というわけにもいかないですよねぇ。

私一人だったらそうします。
けれども、気にする身内がいたら無理はしません。

>とはいえ、この結果のおかげで気が楽になりました。
>前向きに家作りをがんばっていけそうです。

上のコメントに書いたように、今回の出来事は一見不都合な事ですが
振り返ってみたらあの時に工事を伸ばしたから
こんなに良い事に成った。
と言えるようにすると良いですね。

占いの事はよく知りませんが、
行政書士試験を受験する年に初詣したら、その年は不合格。
翌年、初詣に行かなかったら合格でした。
不合格は賽銭が少なかったからでしょうか(笑)。
私は試験に合格した以上、もし占いで開業は先延ばしにした方が良いといわれても、開業すると思います。
占いといっても、「これを買わないと不幸になる」というのは占いじゃなく霊感商法なので要注意です。

草食系行政書士@青森様

コメント有難うございます

>行政書士試験を受験する年に初詣したら、その年は不合格。
>翌年、初詣に行かなかったら合格でした。
>不合格は賽銭が少なかったからでしょうか(笑)。

実力がつき試験に慣れて合格されたのでしょう。

>占いといっても、「これを買わないと不幸になる」というのは
>占いじゃなく霊感商法なので要注意です。

おっしゃるとおりです。
霊感商法まで行かなくても、占いを業としている方の様子を見ていると
恐怖心をあおって脅して自分の言葉に頼らせる事をします。
ある種の宗教もしかりです。
自分をしっかり持つ事が大事だと思います。
また脅す事をしない占いの方はある程度相談相手にしても良いかもしれません。