2013/01/23

触らぬ神にたたり無し

さみぞーさんの「地元工務店で作る夢のマイホーム計画」に
リンクを張らせていただきました。

「家相鑑定」という記事に心痛むものが有り
皆様のお知恵拝借と同時に注意を喚起いたしたいと思いました


-------------以下全文引用します---------------

「家相鑑定」

住宅設備の展示や、住宅ローンなどの相談会をやっている
イベントに行ってきました。

お目当ては、無料の家相鑑定。
自分で調べてはいたのですが、コレはちゃんと調べてもらういい機会!
家から間取りや土地の地図を見せて鑑定してもらいました。

間取りは家相的に問題なく、このままで大丈夫とのこと。

ただし、家相を見てくれた人に言われたのが、
「今年家を建てるのはやめたほうがいい」
えーーーーー!
マジデスカ!

これを聞いた家相重視の嫁が隣で呆然としてました。
なんでも、自分の年回りと新築予定地の関係が最悪なんだとか。

土地も工務店も決めて、さあ建てるぞ!ってとこにこの結果。
まさかこんなところでマイホーム計画が崩れかけるとは。

所詮家相と考えるか、されど家相と考えるか・・・
とりあえず、家を建てても大丈夫になる対処法がないかを探してみようと思います。

---------------引用終--------------

いかがでしょうか

占い師もよくもまあ言えたものですね!
今年ってまだ始まったばかりじゃないですか。
来年が良いとしても1年間待つのですよ!
天気予報くらいの正確さで
台風が来るから外出は控えてください
というのなら判りますが。

年回りという合理性の無い迷信を根拠に
一生を左右する事を言ってのける
たいしたものです。



私の見解をさみぞーさんにお伝えしました。


------------以下引用します------------


「触らぬ神にたたり無し」という言葉が有って
関わらない事が大事でしたが
聞いてしまったら対処法がないと思います。

ぐうたりすとさんのおっしゃる通り
「何か有った時」に嫌な思いをします。

特に奥様のご家族が気にする家庭だと後々、、、、


今年がダメならいつが良いのか
工務店は待ってくれるか
自分自身と家族は待てるのか
このあたりの状況把握が大事ですね。


私の経験と研究結果では
「易で良い時期にやっても悪いことは起こる」
という事。
年回りや方位などで未来が確定的には決まる物ではない。

家相を否定するために易学の研究もいたしましたが
易のルーツとも言える「易経」では未来は確定したものではなく
「どのように生きるかによって結果が変わる」
という事が主たる論旨です。

年回りなどで全てが決まるのであれば
同じ日に同級生全員が死ななければならないのでは?
という子供のような疑問から。
人生は年回りなどで決まっているものではないことが判ります。
これは屁理屈ではなく、易の限界を知る事で
言われてしまった事にどこまで左右されるか、
それは自分自身の心の問題だという事を
知って欲しいのです。

さみぞーさんが易が迷信だという確信を持って
事に望めるのであれば、「厄除け」「八方除け」というような
迷信で対処すればよい事です。
それぞれの語句で検索してみてください。
沢山の神社がありますのでお近くの神社を選んで
お払いすれば完了です。
初穂料という名の料金をとられますが、、、

しつこい話ですが
そんな神社の神主や家族が病気にもならず
不幸にもならず、
不老不死でずっと若いままずっと幸せに生きている
そんなことは聞いた事もありません。

地震や台風で倒壊した神社は御祓いもしないで
建てたんですか?って聞いてみたいもんですね。

家相や年回りなどその程度のものです。


--------------引用終-------------


さみぞーさんの辛い体験から学ぶことは
安易な気持ちで占いに関わら無いようにしよう
という事だと思います。

人格的にも信頼が置けて
その方の占いならば何でも従える
というような関係の方がいれば別ですが、、、

                 続く
関連記事

コメント

非公開コメント

リンクしていただいてありがとうございます。
こちらもリンクをつけさせていただきますね~