2013/01/13

耕運機

昨年12月から西隣の空き地を菜園用地として借りる事になりました。
70坪ほどの土地で分譲地として開発されたところです。

健康のため鍬とスコップで耕す事を考えたのですが、
すでに敷地内の7坪と南側の水路敷35坪を菜園として利用していて
北側隣地の50坪と水路の向かい側の所有者のいない空き地70坪と
20坪の水路敷を花畑にしているので
あまり悠長なことは言ってられない状況です。

そこで耕運機を買うという事になりました。
ああでもない、こうでもないと検討した結果
ヤフーオークションでクボタ管理機TMA25を落札しました。

管理機というのは耕すだけでなく畝を作ったりする事ができる
という意味だそうです.

昨日(1/12)出品者のH.Tさん宅まで押しかけて
エンジンがかかることを確認して受け取ってきました。

今日(1/13)畑に降り立った勇士です。

002_320.jpg

ところが、、、
少し作業してみると左のローターがはずれてしまいました。
車軸の根元のピンが1本抜けているようで
先端の方のピンを外してローターの根元に取り付けて再開。

まずは順調に動き始めましたが今度はエンジンストップ。

エンジンを掛けようとすると紐が引けない!

仕方が無いのでH.TさんにSOSの電話。
「カバーの下のナット3本を外してロープの巻き取り部を、、、」
ドキドキしながら外してあちこちいじる内に紐が引けるようになり
さあ作業再開、、、、
しかし、エンジンがかからない。

そこで再度SOSの電話
「じゃあこれから見に行きます」とのこと
もう夕方なのにそれも日曜日の、、、と思いながらも
あまりにキッパリとした物言いに
これが日本の技術者の心意気と感心し甘えさせていただく事に成りました。

あれこれいじってみて
「圧縮が抜けているので持ち帰って直してきます」
これまたキッパリと、、、
という事でちょっとの間耕運作業はお休みです。

その間に大きな石やコンクリートの塊など撤去しておけるので
ちょうど良いタイミングでしょう。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

こんばんは。
菜園に花畑〜
耕作面積を考えると既に「家庭〜」という規模ではないような気が...
やはり機械化は必要ですね。
しかし四季の花に囲まれた生活はなんとも贅沢で羨ましいです。
応援のポチッ!

ふくやま様
コメント有難うございます

>四季の花に囲まれた生活はなんとも贅沢で羨ましいです。

そうおっしゃっていただくととても嬉しく思います。
物質的・金銭的な豊かさではない生き方。
出来るだけ自給自足、出来るだけ手作りの生活を目指しています。
花に包まれていると「ココが天国だね~」
という言葉が出てきます。

坪数でみますと、かなり大規模ですね。
手入れが大変だと思いますけれども、
花がいっぱい咲くとターシャ・テューダーの
写真みたいになるでしょうね。
仕事も機械も慣れないうちは
思わぬトラブルが発生して焦ります(笑)。

無口な草食系行政書士@青森様

コメント有難うございます

>花がいっぱい咲くとターシャ・テューダーの
写真みたいになるでしょうね。

ターシャの庭が目標ですが
昨年は北側50坪に、こぼれ種から生えたコスモスが背丈以上になって
まるでジャングルでした
おかげで作物は全滅でした(^^ゞ

思うようにならないものです。
それはそれで自然がやった事と面白がっていますが、、、

家庭菜園、これからが楽しみですね^^
食の安全が気になる昨今、
育てる楽しみと安全を手に入れられるとは・・・!

さて、リンクを貼らせて頂きました!
対応が遅くなってしまい申し訳ありません。
また、これからもよろしくお願い致します^^

火酒様

コメント有難うございます

>食の安全が気になる昨今、
>育てる楽しみと安全を手に入れられるとは・・・!

気持ちさえあればほんの小さな場所でも
作物を自分で作って食べる事を楽しめます。
昨年作ったアイコという名のミニトマトは
大きめのプランターに苗を植えて庭に置いてそのまま!
とても大きくなるので支柱だけはしっかりしましたが、
肥料はなし、水は雨に任せるだけ。

それでもピーク時は毎朝5~6個摘んできて1ヶ月以上食べられました。
それも完熟の甘~いトマトです。

費用対効果では相当のプラスになりました(^0^)

>さて、リンクを貼らせて頂きました!
有難うございます、こちらこそよろしくお願いいたします。