2012/11/28

お客様への配慮

間取り作成の時にお客様との関係をどうするか?
と言う問題が有ります。

夫婦と子供2人のご家庭でLDKが20帖ほどのケースです。

ほとんどの場合、居間と食堂は間仕切り無しのワンルームで提案します。
キッチンも汚れとか匂いとか片付かないなどに関して
こだわりが無ければワンルームに組み込むようにしています。

食事を作り、一緒に食べて、くつろぐと言う行為が
家族みんなで出来ることを大切にしたいからです。




Cさんから
>来客時でも家族が気兼ねなくお風呂に入ったり食事ができればと思うのですが、
>もう少しダイニング部分を広げてDKとLに間仕切りを作れますか?
>普段はオープンで開放的にしていたいのですが、あれば冬の暖房の効きも良さそうかなと。

と言うご希望がありましたので以下のように生活の仕方をお聞きしました。


私の知る限り
家に上げるお客様の多くは家族と一緒に
食事をしたり話をしたりすることが多いと思います。

間仕切ることは出来なくはありませんが
空間の広がり=おおらかな気持ちよさ
を考えるとこの規模の住宅では間仕切り無しをお勧めします

ご商売をしていたり地域の活動などで、
気兼ねが必要なお客様が家に上がることが有るのであれば
玄関先に応接コーナーなどを設けるようにしたほうが良いと思います。


これに対してのお返事は

>そうですね、来客は同じ部屋で過ごすことの方が多いですし、
>商売をしているわけではないので必要はないかもしれませんね。
>今現在家に友人が来ていてお風呂に入るときも
>別に何も気にしていないことに気付きました。(笑)

と言うことでした。
お客様との楽しい食事や和気藹々としたご家族の姿が目に浮かんで
ほっこりした気持ちになりました。
そしてほっこりした住まいにしたいと考えました。



間取りを考えているとついついあれもこれもと考えてしまうものです。
限りある中で最善のものを作るには切り捨てられるものを
切り捨ててゆくことが肝心です。

また新居での生活は今の生活の延長でより理想に近づければよくて
急にセレブな生活に変える事は必要では無いと思います。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

間取さまの家に対する考え方が、自分の思う考え方とすごく近い気がしてなんだか嬉しいです。
毎日かかさず、応援ぽち!

翠様
コメント有難うございます

>間取さまの家に対する考え方が
>自分の思う考え方とすごく近い気がしてなんだか嬉しいです。

有難うございます、そう言って頂けると心強いです。
住まい手家族の人生が豊かなものになってほしいと考えています。
そこに設計者として何らかの手助けが出来ればうれしいと思います。

>毎日かかさず、応援ぽち!

有難うございます
ブログを続けるエネルギーをいただけます。
感謝!!

依頼主側のお話もよく聞かれて、依頼主さん自身も気がつかなかったことを気づかせてくれる。という素晴らしい提案だと思います(^^)

ほっこりとした住まい・・・・
いいですねぇ~うちの北のおうちもそういう風に
住みたいと考えております♪

みぃ様
コメント有難うございます

>ほっこりとした住まい・・・・
>いいですねぇ~うちの北のおうちもそういう風に
>住みたいと考えております♪

オーダーメイドの住まいですから
住まい手の生活観に合った住まいにしたいですね。
そこの所を住まい手の気持ちにこちらの気持ちをシンクロさせる
それが設計者の仕事だと思います。

みぃさんの北のおうちも
「心根にシンクロした家であること」
をしっかりと心に留めてゆけば
必ずそのようなおうちになります。

楽しみですね。

私は建売購入でしたが、冒頭の間仕切り無しの
ワンルームのような条件を重視いたしました。

理由は…書くまでもなく間取作造さんのおっしゃる通りです。

家族の心を繋ぐ配慮もしてくれるプランナーさんにお会いできることは、
一生の幸せを得ると言っても過言ではないと思います。

ん?褒め過ぎですか?^^;

そんなことないですよね~。

くるぶし様
コメントありがとうございます

>私は建売購入でしたが、冒頭の間仕切り無しの
>ワンルームのような条件を重視いたしました。

くるぶし様のブログを拝見すると家族を大事にしている様子がわかります。
その気持ちのまま住まい選びをなさったのだと思います。
気持ちがあっても間取りに反映出来るかどうかが問題です。

>家族の心を繋ぐ配慮もしてくれるプランナーさんにお会いできることは、
>一生の幸せを得ると言っても過言ではないと思います。
>ん?褒め過ぎですか?^^;
>そんなことないですよね~。

はい、ほめすぎでしょう(^^ゞ

行政書士さんが依頼者の気持ちに沿って仕事をしなければ成らないように、
間取りを作る人の全てがそうでなければ成らないはずですから。

全ての方がそうだといえないのが残念です。