2012/10/08

「○○台」という高台

毎日おこしいただいているmarukoさんのブログ
「だいすきな家 + 暮らし」のトラックバックです。

今探しているエリアはかなり狭く、調整区域ということもあり、建て売りも、土地も、中古物件も、滅多に出ません。そんな狭いエリアで、いくつかダメになり、もう本当に、ないのです。。。(涙)そこで、エリアを広げるのかどうか、すごく悩んでいます。そのエリアは、今探しているエリアから、坂道をグ~ンと登るよくある「○○台」という高台で、調整区域ではありません。50坪くらいの家がきれいに整備されて立ち並ぶ住宅街。今新し...
エリアを広げるのかどうか。



「○○台」という高台という言葉に反応してしまいました。

東京を山の手と下町と分けて、高級住宅街が有るのが山の手。
都内の超高級住宅は、池田山、御殿山、白金台など丘の上の立地が多いです。
建築計画学的に言えば土地の排水がよく地盤も堅固な立地と言う事になります。

最近庶民の手の届く所の「○○台」という高台は様相が違っています。
「○○台」という名称は上記のような経緯から
高級なイメージをいだかせる事を目的としたネーミングです。

しかし実態は郊外の山を削って造成した住宅地です。

彼我の違いは商店、交通などの都市施設の密度です。

「○○台」に住んでいるお年寄りHさんは
「若いころは自分の家が坂を登ったところと言う意識が無いくらい
坂道は苦にならなかった。この年になると買い物帰りの坂道がきつくて
買い物に行くのが大仕事になってしまった」
と言うような話でした。

埼玉県日高にある大手デベロッパーの開発した元高級住宅地は
高齢化、人口減少のため団地内のスーパーマーケットが撤退するなど
自動車の運転が出来ない人にとっては買い物が不自由で
そこに住む事自体が難しくなっている。
と言うような事態になっています。

土地選びには生活を支える都市施設が脆弱でない事を意識する必要が有ります。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

TBありがとうございます。
年取ったときのことは、やっぱりちょっと心配です。
○○台に住む1つの条件は「バス停が近い事」でした。せめてバス停さえ近ければなんとかここから出れるかなーと・・・^^;

なるほどー、と思いながら、私の家のことを考えてみました。
土地の海抜は60m。台風や豪雨の際の浸水や津波の心配がないところが安心ポイントではありますが、よく考えてみたら半径3km以内にあるのは老人介護施設とコンビニ3件くらいです。
それでも、自動車はひとり1台保有が普通、な土地柄から不自由は感じたことはありません。
ただ、自分が高齢になって車の運転もままならなくなったら不便なのかしら、と考えてしまいました。

自分では思いもよらないことに気づかせていただけたり、いつも勉強になります。
ありがとうございます。

こちらでも郊外のスーパーが潰れて、
高齢者等が買い物に困るという
ニュースが以前ありました。
最近では「買い物難民」なんていう
言葉が出る時代ですね。

カマドケシ様
コメントありがとうございます。

スーパーが出来て商店街がシャッター街になり
そのスーパーが潰れて買い物できる場所が無くなる。
資本主義経済は利益と効率で動きます。
そのため車を運転できない人たちは
今までの生活を維持して行く事が困難になります
そのような状況を乗り越える知恵と覚悟が必要ですね。

maruko様
コメントありがとうございます
>TBありがとうございます。
こちらこそインスピレーションをいただきまして
ありがとうございます

>年取ったときのことは、やっぱりちょっと心配です。
>○○台に住む1つの条件は「バス停が近い事」でした。
>せめてバス停さえ近ければなんとかここから出れるかなーと・・・^^;

年取ったらどうなるか
考えたくない話ですね。

言っても仕方が無いことですが、
無秩序に郊外に住宅地が広がることを許した
為政者の都市計画に対する意識の低さ
に起因するものです。
また、それを許してきた国民の責任でもあります。

そこに住んでしまったらそれなりの覚悟で
生き抜く気概を持たないと
こんな筈ではなかったと繰り言を
言うようになりますね。

翠様
コメントありがとうございます
>自分が高齢になって車の運転もままならなくなったら
>不便なのかしら、と考えてしまいました。

私が住んでいるところも車が無いと買い物も出来ません。
田舎暮らしにあこがれてきたものの
将来を楽観することは出来ないと考えています。
運転が出来なくなれば今の暮らしを維持できません。
かつての田舎暮らしは自給自足的なものだったはず
腹をくくってやって行くのもまた良しとするつもりです。