2012/08/15

乾燥室を設ける?

洗濯物の乾燥のために乾燥室を設けることがあります。

私が仕事をしてきた東京周辺では
ベランダやテラスに干すことが多く
あまり一般的ではなかった様に思います。

冬場に日照の少ない
北海道や東北、北陸、山陰地方などでは
必要な部屋なのではないかと思います。

読者の方で情報をお持ちの方はコメントいただけるとうれしいです。



そんなわけで、これまで沢山の住宅を担当させていただきましたが
フリープランニングを始める前までは
お客様から洗濯物の乾燥室が必要とリクエストされたことはありませんでした。


乾燥室には嬉しい思い出が有ります。

二世帯住宅の設計を頼まれ、プランがまとまりかけた時に
洗濯をどこで干すかの確認中に
若奥様の花粉症がひどいことがわかりました。

大きな変更をしたくなかったので
バルコニーの一部を囲って洗濯乾燥室を設けました。
奥行き1.25m(バルコニーの幅と同じ)
幅2.275m(キッチンの幅と同じ)の狭いものでしたが
大変喜んでいただきました。

予算オーバーになると思いますとお話したのですが
大奥様も私もそうしたいと、、、

花粉症は無いのでどうかと思いましたが
完成後に「テラスは段差があるのですがこちらは段差が無くて便利」と
喜んでいただきました。

しかし、それ以降も乾燥室を設けるケースは余りありませんでした。
関連記事

コメント

非公開コメント

乾燥室を設けることは、気候や花粉症など、特別な理由がないと思いつかないのかもしれませんね。
日本は雨が続く季節もあるので、乾燥室があったらすごーく役立つと思うのですが。
夜、寝る前に干すことができるのも利点ですし、大切なお洋服が色あせもなくすごく長持ちするというのも嬉しいです。
お天気の良い日は外干しでも、女性の下着類だけ内干しとかできますし。
もし、間取り的に可能ならば、造って後悔はしないと思います(oゝ艸・)

翠様
コメント有難うございます
>間取り的に可能ならば、造って後悔はしないと思います。

そのとおりですね。
今まであまり付けなかったのは
比較的ローコストで敷地にも余裕が無い家の設計が多かったことも有りそうです。

また居室や洗面所に干しておいても平気な感覚もあった様に感じます。

住宅設計には十分なデリカシーが必要だと感じます(反省)