2012/07/20

株式会社茂原アテックス   住宅完成見学会

株式会社茂原アテックスさんの住宅完成見学会に行ってきました。
チラシを見て伺うと、一月ほど前に通りがかった時に「む!?良い家だな」
と目を引かれていたその家でした。
白と黒のモノトーンで決めたシャープな外観
きりっと隙の無い姿にそれだけで質の高さを感じる家です。

テーマは「コンパクトリッチなデザインハウス」
約30坪の大きさながら面積以上の広がり感とたっぷり収納を実現、、、
とあります。

コンパクトでリッチなという相矛盾しがちな概念をいかに両立させるか?

そのポイントは吹き抜けと階段でした。
茂原アテックス


約8帖大のリビングのほとんどが吹き抜けになっていて
その吹き抜けを黒塗りのシンボリックな階段が二階へ
平面的には広いとはいえない空間もここまで大胆な吹き抜けにされると
圧倒的な広がりを感じます。
リビングと一体になったキッチンの長いカウンターが視線をダイニングに誘いさらにウッドデッキ(未施工)につながります。
この空間も階段と梁を黒で引き締め床、壁、天井、キッチンセットほか全てを白でまとめてデザインハウスの名に恥じないおしゃれな空間です。

もうひとつの売りは「収納」
玄関脇のシューズクロゼットをかねた4帖のアウトドア収納
思わず「広い!」と唸りました。
サーフボードのメンテナンスの空間でもあります。
キッチンからパントリー、家事スペース、洗面、洗濯、浴室と続く
収納と家事が切れ目無くスムースにつながる空間は
女性スタッフの多い会社ならではの細やかな配慮が見て取れます。

今回の見学で一番感心したのは
キッチンに立ってみると家のほとんどが見渡すことが出来て
2階の子供室の様子も吹き抜けを通して感じることが出来る事です。
子供が帰ってきた時に自然に顔が合って
「ただいま」「お帰り」「今日はね、、、」と自然と会話が弾むような
仕掛けになっているのです。
人間関係をしっかりと意識した間取り作りが出来ていることがわかります。

チラシに記載された性能のデータも申し分なく
日立グループの会社と言うことでもあり
「どのように価格を抑えているのですか?」と言う不躾な質問に
「人材派遣から環境サービスまで幅広い業態を持っていて
安定した経営基盤の元で資材部がしっかりしています」と言う回答
「なるほど」と納得

設計業務も建築士の資格を持った営業担当者がプランをまとめ
構造設備など技術面を専門スタッフがまとめると言う方法
構造設備を含め煩雑になった建築設計をチームでこなしてゆく方法に
これからの住宅設計・住宅産業のあり方を考えさせられました

突然のアポ無しの訪問にも快く対応していただきました
説明していただいた小高建築センター主任は終始にこやかで
どこかでお会いした事のあるような親しみのある方だな、、、と思っていたら
帰りの車の中で気づきました
「あ、NHKニュースの阿部アナウンサーに似てた」(失礼)

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

こんばんは。
間取さんのようなプロ(お客ではない)の方が住宅見学会に参加しても対応していただけるものなのですね。
専門家の客観的なコメントは参考になると思います。
応援のポチッ!

ふくやま様
コメント有難うございます

「はじめにブログの取材です」とお断りしてから拝見いたします。
「取材はお断りします」というところも有りますがおおむね歓迎してくれます。
そして「住宅文化の向上の啓蒙をして行きたい」とお話しすると、積極的に思いを語ってくれます。
熱心な方が多いと感じております。