2011/09/24

家相に関して 1

家相のせいで幸せになったり不幸になったりはしません。
いわれの無い事で不愉快にされたり、自由を失ったりするだけです。

設計の仕事をしていると家相を見る占い師の方に
間取りを説明する機会が有ります

ある占い師さんの家には驚きました
間取りの外枠は正方形その中央に折り返し階段
折り返し部分が1畳の踊り場ではなく
1畳の大きさを4分割した回り階段45度で分割する形のもの
安全上余りやりたくない階段です
その踊り場?回り階段?の突き当たりに高さ1.2m位の入り口ドア
茶室のにじり口でもあるまいに
今考えるとスキップフロアを作るのに
2階の梁を抜かなかったのでしょう
家相を考えて間取りを考えての結果のようです

ここまでが前置きです

人の人生に関して他人が幸不幸をいうのは筋違いですが
その占い師さん傍目から見て決して幸せそうな末期ではありませんでした

家相を見る占い師さんが家相では最高の家を建てて
その結果が不自由で危険な家になり
人生を不遇に閉じた

家相がいい家の実力はこんなものです

その占い師さんに見てもらったお客さんは
占い師さんの家を出てフーッとため息をついて言いました
「家相に関係なく自由に設計してください」と
そして、今も幸せに暮らしています

それでも家相が気になる方にだけ家相図をお書きします

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント