2016/11/09

犬の腰痛?(ペットと住む家)

こんにちは間取りづくり、家づくりボランティアの間取作造です。

「犬が腰痛になる~?!」( ゚Д゚)
初めて知りました。
腰痛は二足歩行の人類の専売特許だと今まで信じてきました。

間取り作りのお客様には様々な方がいらっしゃいます。
ペットと住む家は何度か設計しています。
今回もそのようなご依頼の一つだと思っていました。


都心部の狭小敷地、3階建てで1階はインナーガレージ
その奥にLDKというリクエスト。

???1階インナーガレージだと2階にLDKでしょ。
と思って確認すると。

ミニチュアダックスフンドを3頭飼っているとのこと。
そう確かに家族構成の中にそのように書いてありました。
「それが何か問題ですか?」
とお伺いすると
ミニチュアダックスフンドは胴長短足で階段が苦手
段差のあるところで暮らすとヘルニア、腰痛になる。」とのこと。

確かにネットで調べてみると
ソファーへの上がり降りも良くない。
ソファー用のスロープがある。
というようなことが分かりました。

胴長短足と聞いて他人事ではなく感じ
なんとかしなければ、、、

とはいえどもインナーガレージの奥の暗く狭いLDKでは
人が病気になりそうだし
2階LDKにして
「階段は抱っこして上がり降りしましょう」と考えましたが
「3頭いっぺんに毎回ではとても身が持ちません」
なるほど、、、、

そして出した答えは、、、



勾配の緩い階段を作り
階段の段板に板を載せてスロープにする方法です。

160710十三の家6 

階段幅:1000mm
蹴上:175mm
踏み面:270mm
スロープ幅:300mm

段々だと歩幅が制約され昇降のたびに
腰に衝撃を与えます。
スロープであれば歩幅も自由になり
衝撃もコントロールできます。


出来上がった階段の上に板を渡せば良いので
DIYでも簡単です。
ホームセンターで幅30cmの棚板を買ってきて並べ
滑らないようにパンチカーペットを貼ってあげれば出来上がりです。

こんなな方法で大丈夫かな?
と考えて「愛犬の選び方」さんにも相談いたしました。

「抱っこでの昇降が出来なければそのような方法がベストでしょう」
と賛同いただきました。

人に対してのバリアフリーは「人間工学」という分野で研究されています。
今回いろいろ調べてみて
ペットのための「ペット工学」という研究分野が必要だと感じました。
スポンサーサイト