2014/05/02

八十八夜

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

今日は八十八夜だそうです。
九十九里地方はすっかり夏です。
いつもの散歩道も強い日差しがまぶしく
空には夏らしい雲が浮いています。


002_201405022024053b8.jpg

何も写っていない写真?
いえ、大きな魚が群れを成して泳いでいる写真です(^^ゞ

004_201405022024088a8.jpg


午後に蕗の移植をしました。
地上部分はキャラブキ用に収穫して
地下部分を川向こうの空き地に植えます。
真っ白なチューブのようなものが移っていますが
地下茎の先端部分です。
この部分がどんどん延びてあたり一面に広がって
草引きしなくて済む様になればと企んでおります。

005_2014050220241015c.jpg
2014/05/03

デッキのペンキ塗り

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

昨年11月6日に外壁のペンキ塗りをしました。
今回はウッドデッキです。
晴天で温度が高く微風と言う最高のコンディションです。
高温のため化学反応が進むためペンキの渇きが良く
作業が進みます。

2mx5.4mほどのデッキです。
ベンチと物入れをかねた風除けの衝立も同色で塗ります。
デッキよりもこちらの方が曲者です。

002_20140503214154e18.jpg

写真右側に縦桟が見えています。
ここに半透明なポリカーボネイトのプラダンが付いていますので
これを全部外さなければいけません。

外した部材はざっと洗って乾かしてペンキを塗ります。
造成地の共有道路の突き当たりの家なので
道路が作業場として利用できて便利です。

001_201405032141523f3.jpg

先にパーツを仕上げて次は本体。
上の写真のように養生をしてしまえば
あとは塗るだけ。

前回書いたように、前回は油性のペンキで気持ちよくなってしまったので
今回は水性のペンキにしました。
下地が油性ペンキでその上に水性、、、
剥がれないか心配ですが気持ちよくなっているわけには行かないので
水性で施工します。

ペンキののりが悪い感じですが下地と同じ色なので
まあ良しとします。

夕方には衝立の組み立ても終わり完了。
ほっとしました。
2014/05/04

九十九里ハーブガーデンと雄蛇池

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

五月晴れに誘われて
九十九里ハーブガーデン雄蛇池に行って来ました。
004_20140504191125f6a.jpg

前回は6月でラベンダーが真っ盛りでした。
今回はジャーマンカモミールが盛りを過ぎたところ。
夢のような花園です。
苗を所望したところ盛りが過ぎているので在庫が無いとのこと。
路地に咲いているものでもと話すと
早速一株引き抜いて分けてくれました。
感謝!!

005_20140504191127acb.jpg

丸太と板で作った小橋が素朴な味を出していました。

暑い日差しを避けておにぎりが食べられる場所。
と考えて雄蛇池まで足を伸ばしました。
予約したように東屋が待っていてくれました。
池を渡ってくる風がひんやりと心地よく
幸せなお弁当タイムでした。

014_201405041911295fd.jpg

雄蛇池をめぐる遊歩道を1時間ほどかけて散策。
適度なアップダウンがありウォーキングコースとしてもお勧めです。
杉や雑木の林の中を歩くので真夏でも涼しいコースだと感じました。
2014/05/05

デッキのペンキ塗りその後

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

デッキのペンキ塗りでご紹介したウッドデッキ
今はピカピカに輝いています。
せっかくですから床の間みたいにしてあげます。
一株分のマーガレットを刈り取ってきて
ブリキのバケツに入れて
ドーンと真ん中においてあげると

001_20140505071558048.jpg

立派なアレンジフラワーになりました。

左上にこんもり見えるのはさやえんどうです。
間引きをサボったらジャングルになってしまいました。
毎日沢山の収穫。
ちらし寿司やたけのこの煮物に載せたり
卵とじで絹さや丼にしたり美味しくいただいております。
2014/05/06

たまねぎ収穫

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

九十九里地方は玉ねぎの産地です。
ゴールデンウィークには玉ねぎ狩りが行われます。

我が家の菜園では若干遅れています。
極早生と早生の一部が倒伏しました。

001_2014050621053902c.jpg

中生と晩生はまだまだの様子。

倒伏したものから収穫します。

採りたての新玉ねぎはまずはオニオンスライスです。
辛さが少なく若干の甘みが感じられます。

極早生、早生、中生、晩生と四種類植えたので
しばらくの間採りたてを楽しめます。