2013/12/07

みやま小蕪

みやま小蕪を収穫しました。
家庭菜園用の種(固定種)でご紹介した野口種苗研究所
みやま小蕪の種から栽培したものです。

順調に収穫までこぎつけました。

この蕪はとても味が濃くて美味いです。
他の蕪では味わう事のできない深いうまみが有ります。


010_20131207202145763.jpg

いつものように酢漬けにします。
蕪は皮を剥いて縦半分に切ってから1.5mm巾で切り目を入れます。
大きいものはさらに半分にします。
葉の下半分の軸を4cm位に切って一緒にします。

014_201312072021491c3.jpg

塩をして良く揉んで押しをします。

015_20131207202153aa9.jpg

一昼夜置いて砂糖と酢で味付けします。
高の爪をちぎって入れると味が引き締まります。

タッパーに入れて2~3日置いて出来上がりです。
1日目で味見をして必要に応じて砂糖か酢を追加します。

002_2013120720215744b.jpg

今回はいただきものの唐辛子粉を入れました。

アブラナ科独特のからしの香りがしっかりとしていて
「やっぱり野口さんのみやま小蕪は最高」といつもの言葉が、、、
2013/12/08

みやま小蕪 その2

昨日のみやま小蕪の記事にコメントをいただきました。

「原木椎茸屋の山暮らし」の椎たけ夫さんと
「野菜を食べやさい」のささげくんさんです

椎たけ夫さんはご自分でも作っていらして
「このカブおいしいですよねー」との評価をされています。

私だけではないなと確信を持ちました。

野口さんのサイトにこんな内容の記事が有ります。

種の品評会の時にF1の種を販売している種苗会社の社員が
自社のものを持ち帰るのではなく
「野口さんのはどれ?もらって帰ろう」
「これ美味いんだよね」
と言って持って帰るそうです。
品評会は、味ではなく大量生産に向いている
形がそろっている事などで評価されるので
味にこだわっては居ないため
そのような結果になったそうです。


ささげくんさんから
「この種はすべて研究所への注文になりますか」との
お問い合わせがありました。

野口さんは日本で初めてインターネットで
種の販売を始めた方です(たぶん)

こだわりの種を供給する人と購入したい人は
どちらも少数派ですので
インターネットでの販売が適していると言えます。

野口さんは埼玉県の小さな種屋さんです。
他の種は仕入れますが「みやま小蕪」は
自分の畑で栽培して採種しています。

野口さんの種に関しての思い入れは感動するところが有ります。
ぜひサイトをご覧いただいて、種をお求めになって
ご自分でで栽培して、味わってみてほしいと思います。
2013/12/09

腰痛解消体操

師走に入って菜園その他の草引きが主要な作業と成っております。
三角ホーで延々と草を掻いて行きます。

腰を曲げた状態で長く居ますので
腰の筋肉の緊張が解けない状態になります。


腰痛症になってしまう前に緊張を解いておきます。
方法は操体法です。
聞きなれない名前かもしれませんが
医師の橋本敬三先生が戦後から広めた治療法です。

体の痛みやコリを体を動かして取り除いて行きます。
基本は動かして痛い動きとは逆に痛くない方向に動かして
筋肉のコリを緩めます。

私のやっている腰痛解消方法をご紹介いたします。

1、かかと伸ばし
仰向けに寝て右足、次に左足のかかとを
向こう側に押し出すように動かします。
やってみてやり易いほうのかかとをグーッと
5~6回伸ばします。

操体法1

2、膝倒し
次は立膝にして両膝をそろえて
右に倒します、次は左。
これもやりやすい方向に5~6回倒します。

操体法2

3、膝の内転
立膝の状態から少し足を開いて
片足は動かさないで反対側の足を内側に倒します。
これも左右やってみて、やり易い方を5~6回
操体法3

4、腰伸ばし
最後は腹ばいになって肘を床に付けて
上体を立てるようにします。
腰に痛みがこない範囲で伸ばします。
操体法4

農作業が終わってクワの土を落としてメンテナンスするように
腰の張りも軽く落としておくと大きなトラブルにはなりません。

替えの効かない体です、小まめにメンテナンスして
良い状態で居たいものです。
2013/12/10

大根の収穫

大根を収穫しました。

収穫時の写真は有りません。
あまり不細工なのではばかられました。

表土が浅く20cmほどで硬い山砂の層に当たってしまいます。
ほとんどが寸足らずで先端が変形していました。
この冬はしっかりと天地返しして耕土を深くしようと思います。

そんなわけで写真は料理中の大根。

右はふろふき大根用、左は煮付け用です。

まずは皮を剥いて丸切りと乱切りにして
同じ鍋に入れてお米を一つまみ加えます。
一時間ほどコトコト下茹でします。

炊き上がった所で
ふろふき大根と、煮付けに分けて味付けします。
写真はこのときのものです。

003_2013120819494042f.jpg

ふろふき大根は昆布出しで煮込んで
豚挽き肉の餡を掛けて出来上がり。
ゆずの皮を載せて香りも楽しみます。

煮付けは牛細切れと蒟蒻を三角切りにしたものを一緒に煮て
砂糖、料理酒、みりん、醤油で味付け。

不細工な大根もこうしてしまえば
最高のご馳走です。

しばらくは大根の煮物で暮らします(笑)
2013/12/15

タマホームの間取り

間取り作りのご依頼があり
タマホームで施工する予定とのことでした。
施工者の考え方とすり合わせをするために
茂原のタマホームに行ってまいりました。

建築士を名のって伺いましたので
受付ではいぶかしく思われましたが
取り次いでいただいた主任さんに状況をお話しすると
胸襟を開いて親切に対応していただきました。

長期有料住宅対応・自由設計 大安心の家 ベストプラン60
という間取り図集をいただきました。

タマホーム_512



「基本はメーターグリッドで尺グリッドの場合は
割り増し料金がかかります。1件で2~30万円UPします」
とのことでした。

タマホームはローコスト住宅でシェアを広げた会社ですので
どのような事でローコストを実現しているのか
合理的な根拠を知りたいですね、、、

間取り図集から気付いた範囲ですが
大きなポイントが3つ有ります。

1、メーターグリッド
2、間崩れがない
3、開口面積が小さい

という事です。