2013/07/05

ヤフー知恵袋の回答

ヤフー知恵袋の回答をしています。
画像を添付できなかったのでここに貼らせていただきます。

130705知恵袋

雪国など特別な自然環境で無い限り
南側からの日差しを大切にしたいものです。

商業地域のようなケースは別にして
一般的な住宅地では
周囲を隣家に囲まれていても南側に空地を取る事で
日照や通風を取り入れることが可能です。

園芸などの趣味は無くても
日照や通風などの環境に有効な外部空間を設けることに
十分な意識を持って間取り作りしたいものです。



この規模の敷地で車の置き方は
敷地全体の使い方を左右します。
それは住宅の質に直結しますので
十分な検討が必要です。

2台以上の駐車が必要な時
単純に並べてしまうだけではなく
駐車の仕方を工夫するだけで
住宅の可能性が広がります。

このケースではリビングダイニングの前に
有効な空間を設けることが可能になりました。
2013/07/06

ラッキョウ本漬け

6月18日にラッキョウを収穫しました。
昨年7月29日に1kg植えつけたものです。

004_512.jpg

来年の種ラッキョウとして1/3は畑に残しての収穫です。


土を簡単に払って葉と根を切って皮を剥きます。
手がべたべたで写真が取れませんでした(汗)

うちのラッキョウ漬けの特徴は葉の付け根の部分を長く残す所です。
長く漬けると柔らかくなりすぎるのを防ぐためだそうです。
本当はもったいないからかもしれません。

剥いたラッキョウを水洗いして重さを計測、7.2kgでした。
5kgと2.2kgに分けてビンに入れて
1k当たり50gの塩を入れます。

塩を全体にまぶすように朝晩ビンを転がして攪拌。
2~3日経つと発酵してビンの中の圧力が上がるので
中蓋を開けてガス抜きして転がします。


2週間経ったのでぼちぼち本漬け
と言っているうち18日経ってしまいました。
このあたりはアバウトでかまいません(たぶん)

008_512.jpg

ラッキョウ1kg当たり400gのお酢と200gの砂糖を煮立てて
冷ましてからビンに入れます。
その時に唐辛子を1kg当たり3~4本入れておきます。

これで本漬けの作業は終了。

009_512_20130706211322.jpg

後は10月まで物置の隅に保存しておきます。
漬け上がりが楽しみです。
それまで昨年漬けたラッキョウをちびちびと
食べ繋ぎます。
2013/07/08

ヒマワリの花が咲きました

四月の二十日過ぎに種まきしたひまわりが咲きました。
九十九里地方は風が強いため
背の高くなるヒマワリは倒伏してしまいそうなので
背の低い種類を選んで種まきしました。

家に続く道路の縁のヒマワリです。
こちらは期待以上に小さく収まっています。
肥料が足りないのでしょうか?
幼稚園の生徒が黄色い帽子をかぶって並んでいるようで
とても可愛らしく感じます。

002_512_20130708211134.jpg

次は川向こうの借景の地です。
こちらは大きいのから順に並んでいるようですね。
理由は良くわかりません。

001_512_20130708211119.jpg

ヒマワリは団体のほうが魅力的だという事に気付きました。
来年は1列ではなく2~3列にしたいと思います。
2013/07/21

横長の家

ご無沙汰しております。
ブログにこの書き出しはいかがなものかとも思いますが(大汗)

間取り図作りのご依頼が集中しまして(汗)

西道路、間口6m奥行き20mまたもやうなぎの寝床です。
130705横長_512
敷地は開けた所にあり南側隣地からの採光も期待できるとのことで
このようなプランを提案いたしました。
130705横長2_512
細長い敷地の最大の問題は
法規上の採光面積が取れるかどうかです。
隣地からの採光が全く取れない場合を想定して
窓から隣地境界までの距離によって採光が有効であるかどうかが
決まってきます。

1階のLDに採光を取るために、二つのテクニックを使っています。
1、和室の開口を大きく取り和室とLDの間仕切りを開放できる形にする事。
2、吹き抜けを作って2階のバルコニーから採光を取る。
という方法です。

実際は南からの採光があってもこのような方法で法律上の
採光面積をクリアーしてゆきます。

130721横長_512

今までの「せっけい倶楽部」に比べ
「3Dマイホームデザイナー」は制約が少なく表現力も有るので
イメージを表現する自由度が増した感じです。
2013/07/29

トイレは1つで良い?

朝方トイレに向かうと
背中から「早く出てきてね」という声
2人住まいでもトイレが1箇所だと不便(←他意はありません)を感じる。

たまたま間取り製作中のお宅が
4人家族で「トイレは一つで良い」という設計条件でした。
ご希望通りにトイレを1箇所で間取りを作ってみたものの
ちょっと違和感を感じていた所でした。

子供と同居している時は
1階と2階に1箇所づつあっても
「まだー?」という声が聞こえたものです。

1箇所でも何とかなるのでしょうけれど
面積とコストさえ許せばトイレは2箇所有った方が良い。
若干他の要素をスペックダウンしても
快適な生活のためには2箇所のトイレのほうが良いのだろうと感じました。

トイレ掃除が2倍に増えますがトイレの神様も2人(?)になれば
幸せも2倍来るかも。(笑)