2013/04/01

菜の花畑

借景」に書いた川向こうの土地の現状です。
約50坪の敷地全体に播いた菜の花が満開です。
菜の花の香りはあまり爽やかとは言えませんが
春の香りです。

001_20130401175603.jpg

この菜の花の倍以上の草と
その上に被さっていた葛の弦が
我が物顔にしていたときは
この景色は想像もできませんでした。

もうしばらく菜の花を楽しんだら
次はヒマワリ、その次はコスモス
1年間に3種類の花を楽しもうと思います。

菜の花の向こうに見えているのが
我が家の屋根です。
スポンサーサイト
2013/04/05

ジュンベリーの花

ジュンベリーの花が咲きました。
花びらが細く小さい桜のような形をしています。
庭木として人気が有ります。

005_20130405201738.jpg

ジュンベリーはその名前のとおり
6月に5mm位の球形の赤い実をつけます。
甘酸っぱく癖の無い味です。
そのまま食べてもいいのですが
ジャムにすれば長く楽しめます。

実が付きましたらまた記事にします。
お楽しみに。

2013/04/07

めいらくアホエン

菜園は無農薬で作っています。
畑に住む虫や草や細菌やバクテリアの持つ
自然の働きを阻害しないためです。


体も出来るだけ薬を飲まないようにしています。

花粉症は「花粉症1」「花粉症2」のような方法で
乗り切りました。
頭痛や腰痛は躁体法というストレッチのような方法で
改善して行きます。

子供の頃は体が弱い、胃が弱いと言われて
薬を飲まされていました。
気づいたのは薬によって体は元気にならないという事でした。

薬は結核などの感染症に対しては絶大な効果を発揮できました。
しかしその外は対症療法で熱を下げたり痛みを感じなくしたり
するだけで実際に治癒するのは体の働きです。

風邪の発熱はウイルスの働きが悪くなる温度で
なおかつ白血球の働きが良くなる体温にする目的。
解熱剤を使うのは自然な治癒の働きに対して
逆行することだと知ったときには驚きました。

それ以来なるべく薬は飲まないようにしています。
何処で自然の体の働きを邪魔してしまうかわからないからです。

健康のために努めていることは
出来るだけ体を動かす事とアホエンです。

ご存知の方も多いと思いますが
これがメイラクのアホエンです。
ajoene.jpg

めいらく健康と長寿の会」に入会すれば
50歳以上の方に送料のみの無料で配布されるものです。
ニンニクの健康成分を抽出したものらしいです。
おかげさまで体調が悪いということが
ほとんどなくなりました。

50歳以上の方はトライして見てはいかがでしょうか。
なんかCMみたいになってしまいました(笑)
2013/04/14

睦沢町-長南町郡界尾根山行

新房総の山を歩く会の四月の定例山行に行ってきました。
約6km約5時間の行程です。

タイトルは「睦沢町-長南町郡界尾根山行」
南房総の山岳部(丘陵?)の景色はおおむね
下の写真のようです。
006_20130413201750.jpg

比較的新しく隆起して陸になった海底が
侵食されて出来たなだらかな山と
複雑に入り組んだ谷から成っています。

低いけれど生活圏を分ける山の尾根
そこが町の境となり
また生活を繋ぐ道路でも有りました。

町の境の杭が点々と置かれています。
右側が睦沢町左側が長南町です。
009_20130413201924.jpg

生活道路はすでに使われなくなって久しいために
竹や笹や木が茂ってそこに道が有った事を想像するのが
難しい状態です。
しかし所々に在る道祖神や庚申塚そして
部落で祭った祠などがかつての人の営みを
今に伝えています。
005_20130413201718.jpg

サブタイトルの「山桜を見ながら」は
010.jpg
かすかに散り残った花びらと淡い色の若葉が
味わい深く輝いていました。

リーダーのKFさんに
「下見はどれ位したのですか?」と言う問いに
「昨年の11月から最低週一回来て道の位置を確認して、
竹や笹や木を切ってみんなが歩ける様にしました」という
とんでもなく大変な事をさらりと、、、

その情熱に驚くと共に強く共感するものが有って
この次の準備の時に参加させてもらう事を
お願いしました。
2013/04/16

東京ドイツ村と笠森観音

千葉県袖ヶ浦市の東京ドイツ村に行ってきました。
新聞のチラシに無料の入場券が入っていましたので(^^ゞ
芝桜と水仙祭りと言う事でした。
007_20130415204716.jpg

見事な芝桜です。
週末を外して行ったのですが
沢山のお客様でした。

011_20130415204749.jpg

元はゴルフ場だったとお客さんが話していました。
本当のことはわかりませんが
芝生が綺麗なところやクラブハウスのような建物や
サービス用のカートなどからなるほどと思いました。

013.jpg

子供の遊具の小さな小屋が、、、
絵本の中でデフォルメされた建物そのままで
壁の高さが左右で違っていて
さらに外側に傾いていて
窓もそれに合わせて傾き
屋根も中央が下がっています。
さぞかし作りにくかったでしょう(笑)



帰りがけに笠森観音に寄ってみました。
県道から少しだけ山に入った所に有ります。
低い山ですが深山幽谷の雰囲気が有り
杉の巨木に圧倒されました。

025_20130415211718.jpg

観音堂は工事中で中に入ることが出来ませんでした。
四方懸崖造りという珍しい造りです。

清水寺や山寺に見られるような山の斜面に建てられて
一面が懸崖造りになっている建物は
山に抱かれるようで山を敬うような気持ちの表現です。

しかし四方懸崖造りというのは
尖がって聳え立っていた岩山の頂上に建物を立ててしまった
という感じです。

028.jpg

清水寺や山寺とは違った世界観を持った
宗教なのかもしれません。