2013/03/01

蕗の薹

九十九里地方では春一番が吹き
暖かくてストーブを消しました。

菜園としてお借りしている北側隣地の片隅に
蕗の薹が出ていました。
半月ほど前から気付いていたのですが
暖かい風に誘われて元気良く開きました。

001.jpg



放っておく手は有りません
早速採ってきました。

とりあえず蕗味噌に

002.jpg


独特の苦味が体に良さそう。
季節の変わり目に必要なミネラルが取れるとか、、、

沢山作ったので残しても仕方が有りません
納豆ご飯の醤油代わりにスプーン1杯入れてみました
いつもの納豆ご飯に蕗の苦味がなじんで
なかなかの味でした。
スポンサーサイト
2013/03/02

花粉症1

外は春2番?の暖かな強い風が吹き荒れています。
窓から見える近所の杉の木立が大きく枝をゆすっています。
花粉症にとっては辛い時期です。

花粉症の薬でムーンフェイスになったりムーンボディ?になったり
肝臓を壊したりする人を見てきました。

薬ではない花粉症の改善方法をご紹介いたします。
ツボ療法です。まずは下の絵をご覧ください。
図で示した場所にチップを張るだけです。

花粉症ツボ

チップは下の写真のように作ります。
爪楊枝を米粒の半分~2/3くらいの大きさに切って
絆創膏で止めるだけ。
切るのにはニッパーのほうが良いかも知れませんが
手元に無い時には爪切りで。

ツボチップ

3年ほど前からやっています。
私にはよく効いています。

花粉症1

先生の文章で期待しすぎると「そんなに効かない」と思いますが。
風呂や水仕事でチップが取れた時にはその効果を実感します。
チップが外れて、途端にくしゃみ鼻水が出て
慌ててチップを張ると嘘の様に改善します。

花粉症2

こちらの本から引用させていただきました。
2013/03/03

花粉症2

花粉症の症状を抑えるためには花粉に接しない事。

花粉の飛ぶ日に外に出ない事が一番ですが
そうも言っていられないのが現実です。

花粉よけのメガネとマスク。
そのまま銀行にいけば強盗と間違えられるような格好でも
今の時期なら大丈夫。

それでも花粉は侵入してきます。
そんな時には目と鼻を洗います。

006.jpg

ハナノアの器具を捨ててしまったので
吸い飲みで代用。使い方は下の要領で。

鼻うがい

どちらも直ぐになくなってしまうので
中身は自家製の生理食塩水。
0.9%の食塩水ですから
500ccの水道水に4.5gの食塩です。

慣れてきたので水道水でも大丈夫かな?と鼻うがいしましたら
子供の頃プールに飛び込んで鼻に水が入ったあの感覚でした。
慣れてきたらちょっとやってみて懐かしい昔を思い出してください。
(嘘です。やめたほうが良いと思います。)
2013/03/04

西菜園作業

今日の天気予報は曇りのち雨
菜園にEM菌を撒くのには最適のコンディションです。

新しい菜園をどのような方針で作ってゆくのか
決めかねておりました。
「伊東ファームにようこそ」のリンクで知った
「野菜を食べやさい」と言うブログと
「ほんものの食べ物日記partⅡ」と言うブログを見て
自然農法でやって行こうと決断しました。

もともと所有者の方にも作物を提供する前提ですので
安全安心の野菜作りが条件でした。
しかし「安定した収穫を得るには自然農法ではむり」という話も聞き
決断しかねていました。

また最近知り合ったIさんが「安全な野菜を提供してくれる人を探している」
というお話も後押ししてくれました。



今日の作業は
畑の土作りのスタートとして有機物と有用菌を畑に入れる作業です。
本来であれば土壌を分析して施肥の設計をしてそれに基づいて施肥
と成るのですが費用を惜しんでパス。

とにかく宅地造成された土地に雑草が茂っていた場所で
やせていることは間違いなさそう。
その上、粘土質で排水が悪いときたもんだ。

まずは団粒構造のふかふかの土を目指して有用菌を入れて育てる事。
そう考えて、生ごみを堆肥化するために作っていた「EMぼかし」を
畑に撒きます。

EM3.jpg   EM.jpg

米ぬか、籾殻、油粕を3:1:1で混ぜてEM活性液を掛けて
発酵した自己流「EMぼかし}です。

菜園全体にいきわたるようにばら撒きます。
右の写真の左半分が撒いた所です。

次にEM菌の食料となる牛糞堆肥を撒きます。

堆肥

そしてその上からEM活性液をジョウロで掛けます。

EM液

後は雨が降って土にEM菌が染み込んで定着してくれれば
第一段階の終了です。





2013/03/05

「施設内虐待と戦う」にリンクしました

「施設内虐待と戦う」というブログのまるさんに
訪問していただきました。

ちょっとだけ覗くつもりで居ましたら
引き込まれて一気に読んでしまいました。

まるさんがブログと言う手段を使って訴えて行きたい気持ちが
ひしひしと伝わってきました。



私も一時介護業界に居た事があります。
外から見ればきれいな大義名分を纏っていますが
人間の欲に支配された醜い業界を目の当たりにしました。
世間の皆さんに現状を明らかにして行く必要性を感じます。

皆様に読んでいただきたいのでリンクを張らせていただきます。
読むことが辛くなる様な部分がありますが
事実を知っていただきたいと思います。

出来るだけ多くの皆さんにリンクを張っていただく事も
お願いいたします。