2012/06/08

近隣問題

更新とコメントへのお返事と間取り作りが
滞っている事への言い訳です

余り気が進まないのですが
土地選びの時に近隣に変な人が居ないかを
必ず聞いていただきたいので
その実例として参考にしていただきたいので
記事にさせていただきます


田舎暮らしにあこがれて千葉県の九十九里地方に
2年前にやってきました
海洋性気候で夏涼しく冬暖かく
農作物も鮮魚も豊富で理想的な場所です

しかし近隣問題という厄介な問題が発生しました
別荘地として開発されたところに
常時住んでいるのはうちと相手方の●園と〇川さん
同じ道路を使うのでいやでも
顔を合わせます

引越し当初から嫌がらせされていましたが
●園の当面のターゲットはうちより半年早く引っ越してきた〇川さんでした
飼っている犬がうるさいと警察、保健所、町役場を呼んで
「うるさいから何とかしろ」と騒ぎたてました
その回数が7回
そして最後には包丁を持ち出してフェンスをゆすって
「おれは刑務所に入って居たんだ、殺すぞ、出てゆけ」と騒ぐ始末
その全てが、うちが留守にしていて〇川さんの奥さんが
一人で家に居る時を選んでの所業です

警察を呼んでも証拠が無いからと何も出来ず
とうとう〇川さんは1年経たずに出てゆきました

次はうちの番です
「草刈機がうるさい」と騒音公害だと町役場を呼び出したところから始まり
事あるごとに妻に対して怒鳴りたて、対抗すると警察を呼んで「暴言を吐いた」と訴える始末
ついに車を凶器にして「てめーら無縁仏に叩き込んでやる」と叫びながら
妻を道の端に追い詰め車を膝に当てました

その後車から降りてなおも詰め寄ったので妻が止めてくださいと
手で肩を触れると「俺に触ったな、傷害罪で訴えてやる」と110番をしました

そのせいで●園は現行犯逮捕もされず今ものうのうと生きています
当方から警察に被害届と診断書を提出しましたが
●園からも同様の届けが出ているとの事
警察も余りに話が食い違っていて
証拠も証人も居ないために逮捕も出来ずに居ます




これが事実ですが話をしても大方の人はそんな馬鹿な
と言う反応です
しかし●園を知っている人間は
「警察はあの●園をほっておくのか、何もしてくれないのか」
と言います

余り心地よい話では無いのでここまでとします
土地選びの時には必ず
「この周辺に変な人は居ませんか?」と聞いてください
売り手や、仲介業者は自主的には話しませんが
聞いたのに隠したとなれば
不利益事実の不告知と言うことで罪に問うことが出来ます


2012/06/11

近隣問題 2

前回の記事に沢山の皆様にコメントをいただきまして
心より感謝いたします

ご心配いただき
また応援していただき
そしてアドバイスをいただきました

「有難いなー」というのが率直な気持ちです
そして力づけていただいたおかげで
「正義は勝つ」「真実は伝わる」という事に思いが至りました

本日再度刑事課をたずねて
現在も続いている心と体の痛みを話し
今回の事件に至るまでの当方が受けた嫌がらせと
●園のやってきた悪事に関して説明してきました

●園からも被害届が出ていたため前回は
我々を疑うような姿勢が有りましたが
今回は状況把握が進んだせいか
話を素直に聞き入れてくれました

そのようなことで
当面刑事さんにゆだねる事としました

早く終息宣言、勝利の報告が出来よう
頑張ってまいります

皆様には心より感謝いたしております
有難うございます

2012/06/12

マジメな税理士のいいかげん日記

千葉市の福山徹税理士事務所の福山先生のブログです
今回リンクさせていただきました
青森の行政書士のカマドケシさんのご紹介です
近隣問題のことで青森のカマドケシさんにご相談させていただいたご縁で
紹介していただきました
青森の方に千葉の方を紹介していただくのも
ネットの面白さですね

プロフィールにある
「メールによる税務相談は原則無料で対応しています」
というところに心の琴線が反応してしまいました

税理士や建築士などいわゆる「士業」は
専門的な知識や知恵などの情報が飯の種ですから
それを無料にするのはいかがなものかという人も居ますが
人の役に立ちたいと思う気持ちから無料相談をしている
その気持ちが伝わってきます

「いいかげん日記」というネーミングですが
とてもまじめな日記です
エンターテイメントではありません
困った時や心配な時にはぜひご相談なさってください

事業を辞めて悠々自適の今は税務相談にはご縁がありませんが
土地や住宅を取得しようとしている皆様には
住宅の取得に関して掛かってくる様々な税金について
気になることが多いと思います

不動産に関する税金は所有者の名義や名義変更の時期
などによって大きく変わります
そして毎年のように制度が変わりますので
専門家に相談する必要性が高い問題です
「メールによる税務相談は原則無料で対応しています」
と言って下さる福山先生はありがたい存在だと思います
2012/06/14

900と910

建築の設計には沢山の制約が有ります
土地の大きさや予算など
沢山のしがらみの中で何とか
夢を実現しようとするところは
人生そのものですね

タイトルの「900と910」は
許容延べ床面積や建蔽率が厳しい時の裏技で
モジュールを910mmから900mmにして
1グリッドに付き10mm=1cm稼ぎ出そうと言う
言ってみればセコイ話です

しかしながら例えば許容建築面積が14.5坪で
理想の間取りが14.75坪になってしまったような時
1坪タイプの浴室を0.75坪にするというような
何らかの調整が必要です

こんな時にこの裏技を使うと面積14.75坪の97.81%で
14.42坪となって理想の間取りどおりの家になります

廊下や階段など若干狭く感じるところも有りますが
全体のバランスを崩さないで納まるところがみそです
2012/06/19

「トチメンボー」の味

「トチメンボー」と言う料理をご存知でしょうか
「トチメンボー」と言う文字を見ただけでピンと来る人は居ても
その味や形をイメージできる人は居ないはずです

「トチメンボー」とは夏目漱石が「吾輩は猫である」のなかで
迷亭先生がレストランのボーイを困らせるために言った
でたらめの言葉で実際にはそのような料理は無いのです。

知らないものの味や形はイメージできない
これが頭の働きです

間取り作りや住宅建築も同じで
見聞きしたり実際に経験した住まいや間取りが
イメージの基にあります
その経験や知識が豊富に有ると
イメージ出来る量も質も高いものになります

間取り作りのソフトが出来て
パソコンが動かせれば間取り図が出来るようには成りましたが
パソコンソフトを使う人のイメージできたもの以上の物は出来ません
そしてソフトの使い方も慣れていないとイメージどおりの間取りにはなりません

出来上がった間取りは希望のものではないけれど
ソフト操作の熟練の度合いと、空間をイメージする力の度合いで
これが精一杯と言う結果になります

そして恐ろしいことにプロとアマの違いだけでなく
プロの中にも「これだったら素人さんが作った間取りのほうが、、、」
と言うレベルの人も居ます

繰り返しの話になりますが
住まい手はその家での生活のイメージをしっかり作り
夢を伝えて間取り図を作る作業はプロに任せる事をお勧めいたします
プロに作ってもらったとしても怪しいと思ったら
セカンドオピニオンを受けていただきたいと思います
賢い消費者が良い市場を作ります