2012/02/04

子供室に補助金を

間取り作成の依頼が重なって
ブログ更新が滞っておりました
せっかくお越しくださっても新しい記事が無く
申し訳ありませんでした

ということで新しい記事を、、、
今回は子供室の記事になります

「少子高齢化の根本原因はこれだ!」と思い当たるのは
宅地があまりにも狭く、住宅があまりにも高いと言うことから
子供室をたくさん作ることができない
ずっとローンを払い続けなければならないので
経済的に子育てが難しい
と言うことです

そんなこと皆知っているとおっしゃると思うのですが
それならば
少子高齢化対策のため子供室一部屋ごとに
建築費として一定の補助金を支給するような対策が
議論されてもいいですよね

橋下さんの新党のマニフェストに入れてほしいですね

子供室1室当たり500万円を支給する
そうすれば4室子供室を作れば2000万円
一般的な住宅の建築費がまかなえると言う計算です
ローンに苦しめられずに子育てができます

いいアイデアだと思うのですがいかがでしょうか?




話が変わりますが
いつもお邪魔している「自己満足で行こう!」というブログに
間取作造の名前を載せていただきました
料理や日常生活のことのブログですが
基礎代謝を上げる方法をコメントさせていただいたところ
記事にしていただきました
ごらんいただけるとうれしいです
スポンサーサイト
2012/02/22

いつから子供を一人で寝かせましたか?

子育て経験者の方にお聞きしたいのですが
「いつからお子さんを一人で寝かせましたか?」

間取り図つくりの中で子供室の使われ方に関して
正確なイメージができないことがあります

中学生くらいになって自分の部屋がほしい
というようになるのは余り抵抗なくイメージできますが
それ以前に子供室で自分のベッドに一人で寝る
ということをいつから始めるかとなると
それぞれの家庭によって違うのだと思います

「いつから一人で寝かせるか」でググって見たところ

フランスにお住まいの日本人の方のブログに
現地の医師から「生まれてから3ヶ月は夜間の授乳が必要なので
親と同じ部屋に寝かせるべきだが、それを過ぎたら別室に寝かせなさい」
と言われてそのようにしている。帰国したら一緒の部屋に寝かせたい。
と言う記事が有りました

いろんな意味で????となりましたが
このような極端な例を引くまでもなく
育児に関しての文化は千差万別
親がその親に育てられたやり方で
子供を育てるのだと思いますがいかがでしょうか

一人で寝かせるとき
それはある意味での親離れ子離れのときだと思います
親の寝室から近い部屋に置き「すぐそばにいるからね」
と安心させるようなことが必要なのではないか
子供室と寝室はそのような位置関係が必要なのではないだろうか
と考えました

また子供室の前を通って寝室へ行くような
レイアウトが必要かとも思います

余り神経質に考えなくても良いということもあるかとも思いますが
ご意見など有りましたら
コメントいただけるとうれしいです
2012/02/27

街角で道を聞く感じ

間取りを作成させていただいたYさんから
ご連絡をいただきました
「コンパクトにまとまってて、いい感じの間取りですね。
私としては完璧に近い感じの間取りになりそうです♪」

というメールです。
このブログをやってよかったと最も幸せに感じるときです。

Yさんにはくどいといわれるのではないかと心配しながらも
いろいろと質問させていただきました
それに丁寧に答えていただきました
ご家族の家に対する考えを聞かせていただけました
求めていらっしゃるものがイメージできたので
間取りの完成度が上がったのだと感じます

間取り図作成を依頼されても
ご希望に副えなかったり
お好みと違ったりすることもあります
このように理想的な間取りができた
と評価いただくことは決して多くはないと思います
理想的な間取りにしようとするYさんの熱意の
なせる業だと思います

家作りは一生に一度の大仕事です
袋小路に迷い込んで時間切れでこれで妥協してしまおう
そんな風に間取りを決めてほしくありません

道に迷ったときにはとにかく誰かに聞いてみることです
どんどん間違った道を進んでしまってからでは大変です
聞いてみて自分の求める方向に気がついたら安心して進めます

街角でちょっと道をたずねる
そんな感じでご利用いただけるとうれしいですね