2011/11/05

大きいお風呂

奥様「これじゃあ狭いわ」
間取「これ以上大きな浴室は、、、」
奥様「ここにあるこれなら」
間取「これは、、、」

鉄筋コンクリート3階建ての二世帯住宅
1階が老夫婦。2、3階が若夫婦と3人のお子様
2階の浴室の設計のためにTOTOの
ショールームでのひとコマ

2階に設置する浴室のため
後々の水漏れの事故が
無い様にユニットバスをお勧めしたのですが
どうしてももっと大きい浴室をと言うことでした

よくよくお聞きすると
お風呂には特別なことがない限り
ご夫婦一緒に入ると言うことでした
自分のスケールで判断してはいけないな
と思うと同時に
浴室は家族のコミュニケーションの空間として
利用されるのだと言うことを学びました

竣工後数年たって漏水があり大ごとの補修工事に
なったのですが上記の経緯のため
奥様の「しょうがないわね」の一言で済みました

もちろんご夫婦もご家族も仲良く
暮らしていらっしゃいます
スポンサーサイト
2011/11/16

片付けの天才!住まいの空間プロデューサー

片付けの天才!住まいの空間プロデューサーと言う
ブログを見ました。
これから住宅を建てようとする皆さんには
是非読んでいただきたいブログです

住まいの空間プロデューサーの安東さん
お仕事柄、間取の不満を聞くことが多いと言う話

持ち込み家具を置く場所がないなど
設計の問題が多いそうです

先生は
「ハウスメーカーや工務店の担当者と
打ち合わせはどこでしましたか?」
とお聞きになるそうです
すると建て主さんの家で行う打ち合わせは
ほとんど無し
建て主さんの生活を理解し、生活に合わせた
設計をする姿勢がないことを指摘しています

間取作造は「お客様の家に行ってよく打ち合わせをして
設計しています」とは決していえません
ましてや顔も知らなければ
住所も知らないで間取を作っております

様々な事情でスタイルを変えることはできません
それを補うために
沢山のご要望を伝えていただけるようにお願いします
また持ち込み家具リストを用意しますので
お手数ですが書き込みをお願いいたします

続きを読む

2011/11/17

うなぎの寝床型1

記事は「理想の間取り作ります」の
6LDK」に引っ越しました。
フリープランニング共々よろしくお願いいたします。
うなぎの寝床1
うなぎの寝床2


(了解をいただいた間取だけ掲載しております)
2011/11/19

子供室の間仕切り

リンクを貼らせていただいている*うめこのおうち*の記事に
子供室の収納で悩まれている記事がありました

若い頃設計した家で同じようなケースがありました
子供さんがお一人でもう一人ほしいと言う条件でした

6帖二間で間仕切りをつけない部屋
言い換えるとドアは2箇所あるものの
12畳のがらんと何も無い部屋にしました

リフォームの営業がてら立ち寄ると
その後男の子が生まれて男二人のご兄弟になっていました
元気良く12畳の部屋で取っ組み合いのけんかもするけれど
仲良く育ち
「大きくなって間仕切りどうなさいますか」
と聞くと「別に間仕切りなくても良い、
狭くなってうっとうしいから」との回答
その後もリフォームもなくお兄ちゃんは
結婚して新居を構えたとの事

個室は必要、子供は個室をほしがるというのは私の
思い込みだったと知らされました

2011/11/21

家づくりコンサルタントの雑記帳

家づくりコンサルタントの雑記帳と言うブログに
”新居でどのような暮らしをしたいのかが見えてくると、
自ずとどんな場所で、どのような家が必要なのかが見えてきます。”
と言うフレーズがでてきました。

なかなか深い言葉ですね
なんとなく住宅展示場に行って
営業さんのトークに載せられて
いつの間にか契約していた
と言うような話がある中

このような話をしてくれる
コンサルタントさんに出会えると
幸せになれそうですね
そして間取を言う前に
どんな暮らしをしたいか
どんな家庭生活をしたいか
どんな人間関係を作りたいか
についてゆっくり夫婦で又は家族で
話し合って進めて行きたいものですね

この段階で話をしておくと
家作りが進んでいって様々な決断を迫られたときに
ぶれないで結論をだすことが出来ると思います