2011/09/24

家庭菜園に何を作るか(その1)

家庭菜園に作る作物のお勧めです

ナッパは一年中食べたいと思います
おひたしにしたりうどんに載せたり
食卓を豊かにしてくれます
かといってスーパーで値段を見ると
この次にしようと思ってしまいます

そんな時にはノラボウ菜、クウシンサイ、春菊等が
菜園にあると便利です
どのナッパも腋芽を摘んで食べられるタイプです
一回種まきすれば長い間食べられると言うのは
菜園を管理する時間をとるのが大変なかた向きです

ノラボウ菜というのは余り知られていませんが
菜の花と同じようなものと思えば大きな違いはありません
秋に播いて年を越してトウがたってその腋芽を収穫します
青物が少ない時期に長い期間食べられるありがたい
ナッパです

クウシンサイ
ぬるぬるがある夏野菜です
明日葉やモロヘイヤよりも癖がありません
3本もあれば毎日のように食べられます

春菊も腋芽を食べれば長い期間食べられます
沢山播いて普通に株をとって食べそのうちの何本かを残して
トウ立てさせて腋芽を収穫します

2011/09/24

家を建てて何をかなえたいか?

「家を建てて何をかなえたいか?
その家でどんな暮らしをしたいのか?」
このフレーズはあるビルダーの営業の方の言葉です

正直言って「まけた!」と思いました
間取を無料で作るブログを立ち上げ
家作りに一番大切なことは
家を建てて何をかなえたいか?
その家でどんな暮らしをしたいのか?
と言うことだと始めに書かなければならないのに
ど真ん中ストレートの言葉をいえませんでした

いい家かどうかはこの問いかけにあるような
建て主の希望にに応えられる家です

工法がいいとか名前が売れているとかではなく
顧客の本当のニーズを掘り下げて把握して
そのニーズに応えようとする姿勢がないと
良い家には行き着かないと思います
施工者の選択は何を目指して進んでゆく会社か
と言うことが大事です

ちなみに上記ビルダーは静岡のアキヤマと言う会社です
http://www.akiyamakensetsu.co.jp/

きっとあなたの夢をかなえる役に立てる会社です

沢山のメーカー沢山のビルダーがいる中
きちんと是非を見分ける消費者の力が問われるところです
2011/09/24

子供室について

老後の資金に用意していた1500万円が無くなったと
今にも泣き崩れそうな表情で嘆く老人
重病を患って介護施設に通っていた

通帳の口座番号をどこで調べたのか
引きこもりで10年以上部屋から出てこない息子が
インターネットで知り合った女(と言っている)に
ブランド物などをプレゼントしてしまった
ということだった

昔ながらの家で立派な玄関が有り
まっすぐ中廊下が伸び左右に応接間と居間
居間の奥に茶の間と台所が繋がる中廊下型の家
中廊下と平行して2階への階段

玄関から階段を上がってゆく子供の気配は
奥にある台所からは感じることが出来ない

大事な一人息子に与えた二階の南向きの8畳間は
快適で引きこもるには最適であった
(暗いほうがいいのかな?)

子供は与えた子供部屋の大きさや環境に比例して
良い子に育つものではないのです

続きを読む

2011/09/24

子供室について(その2)

二階の吹き抜けに面したプレイルーム
プレイルームから2つの子供室に入る
と言う間取

奥様「二階でばたばたする音が下に響いて
 うるさくありませんか」
間取「うるさいですよ、でもそのほうが安心
 静かにしている時は要注意ですよね」
奥様「、、、あ、そうですね」

まだ赤ちゃんで騒ぐことはありませんが
子供の頃の自分に心当たりがあったご様子

集合住宅でなければ家の中で音が響くのは良いこと
子供の様子がいつも伝わってききます
危なかったり注意しなければならないときには
子供は静かになるものです

ン?静かになった「何やってんの」と言う感じ
が大切で、いつも見張られて、いや見守られている
そう感じるのが大切ですね
2011/09/24

間取作成の上手な使い方

お蔭様でブログ開設早々から沢山のご相談を
いただいております

とても嬉しいのはこれから買おうとしている土地に
希望する家が入るかどうかを検証すると言うケースです

買ってしまった土地に家を建てようとしたら
思い通りに行かない
なんてことがあったら大変です
一生をかけて買う土地です念には念を入れて
検証したいものです

よっぽど親しい設計者でもなければ
「仕事に成るかどうかわかりませんが
間取を作ってください」とは頼みにくいものです

そこで生来のおせっかいやきで
お手伝い好きの間取作造がお役に立てます

買うかどうか確信が持てなくても
間取を嵌めてみて
「ああこの家なら住みたいな」と言うことに成れば
躊躇しないで土地の契約が出来るはずです

間取もお役に立てて嬉しいと言うことになります
こちらからお願いするのは
ブログランキングのクリックくらいです(;^_^)

相談してよかったと言っていただきたいから
そして幸せになっていただきたいから